2012年12月28日

船旅…by kome麹

IMGP0696.jpg

阪九フェリーを使って九州へ行ってきました。

泉大津17:30発新門司 翌6:00着。

IMGP0697.jpg

船名は「やまと」

気分は「波動砲」より「海江田艦長」です。(マニア)

結構、大きいでしょ。
(でも、エンジンの方はか〜なりガタがきてたのか、揺れ、騒音ともに凄かったもうやだ〜(悲しい顔)

IMGP0685.jpg

ロビーです。豪華ぴかぴか(新しい)

大昔、修学旅行でフェリーに乗ったけど、こんなのじゃなかったはず。

何となく、映画「タイニック」を彷彿とさせますね。

。。。沈まないでね。

IMGP0687.jpg

客室通路。

人が来たら、ちょっと体をずらして通り抜けるくらいの広さでした。

IMGP0672.jpg

18:30頃、明石海峡大橋が見えてきた!

IMGP0662.jpg

本州側の夜景。兵庫県の垂水あたりですね。

DSC_0006.jpg

スマホで撮った橋の近景。

何故か、魚眼チックになっている。(設定してないはずなんだけど〜??)

DSC_0007.jpg

真下!

DSC_0008.jpg

通過しました〜。

うまく撮れなかったけど、淡路SAの観覧車も綺麗に見えましたよ。

この後、与島の近くを通って瀬戸大橋を見たのだけど、

何せかなりの大雨の日だったので、撮影困難でした。

IMGP0695.jpg

揺られ揺られて北九州。新門司港に到着です。

早朝6時着なので真っ暗で何も見えず、
おまけに5時には起きて用意しなくてはならなかったから、
疲労困憊、意識朦朧でした。。。


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 15:58| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年11月15日

紅葉狩りなのかな?…by kome麹

102918.jpg

郡上八幡を出て、次の目当ては「紅葉」と「里芋」と
「昇龍まいたけの天ぷら」

102919.jpg

その全部がそろっている九頭龍方面にやってきました。

102920.jpg

これは車オーナー馬鹿な一枚。親バカのノリですね。

102921.jpg

ソバ畑と荒島岳。

102922.jpg

頂上付近、見事に紅葉しています。

しかし、思ったほどではない。

おまけに意外なほどの混雑ぶりで、車だらけ、人だらけ。

道の駅で売られている食材は空っぽ。

これでは紅葉じゃなくて、紅葉狩りの人々を見にきたみたい。。。

「堅豆腐も買いたいし…」

「白鳥の辺りで、ちらっと見えた雪の白山にも未練があるし…」

というわけで、思い切って県境を越えることにしました。

102923.jpg

山梨長野岐阜福井と来て、石川県に突入!

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 22:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年11月13日

郡上八幡…by kome麹

管釣りオフ会のために山梨長野と来て、次に岐阜県へ移動車(RV)

途中のSAで車中泊して、起きてから「で、どこへ行く?」

このとき頭にあったのは「何とな〜く北陸」「紅葉」「里芋」
「昇龍まいたけの天ぷら」の四つだけ。

このまま東海北陸道に乗っかって「高山」「白川郷」という素敵な観光地に
向かうという手もあったのだけど、途中のPAで手に取ったパンフレットで、
「郡上八幡ってインター下りてすぐなんだ」ということに気づき、行き先は
ほのか〜に憧れていた郡上八幡に決定したのでした。

102901.jpg

と、いうわけで水のまち郡上八幡。

街中を流れる吉田川です。

102902.jpg

吉田川親水遊歩道。

いろんなF.Fブログで見たような風景を探して歩きます(笑)

102903.jpg

「積翠」蔵元。平野本店さん。素晴らしい店構えです。

102904.jpg

試飲させてもらった中から「積翠」をチョイス。

ご飯を食べつつ〜の晩酌に合いそうです。

102905.jpg

石畳の細い路地。

団体の観光客が何組も列をなしていたのですが、たまたまこの時は
我々二人だけでした。超ラッキー。

102906.jpg

宗祇水。

水の町、郡上八幡のシンボル的湧水。

何だか、湧水つながりの旅です。



続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年11月11日

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原…by kome麹

暗くなるまで観光&物欲に奔走し、宿泊先である
ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原」にようやく到着しました。

102757.jpg

東京ドーム21個分の敷地を誇る、貸別荘リゾート。

まず、フロント棟に到着するまでが遠かった〜!!

フロントで、鍵と大きな地図を受け取り、
暗闇の中、「右!右!まっすぐ!左!二本目の道を右!…」と、
おぼつかないナビをやりぬき、

102751.jpg

見事、宿泊棟にたどり着きましたよ。

。。。褒めてもらいたいくらい、広かったよ・・・

102752.jpg

用意されていたのは、ロフトつきの2、3人用コテージ。

ロフトに続く階段が天井に収納されていたので、行けなかったけど、
二人だから、まあ必要ないですね。

102753.jpg

こちらはキッチン。

調理器具、調理家電、食器、ふきんからコルク抜きまで装備されていて、
簡単な料理をするには、何の支障もありません。(油や調味料は無し)

料理するのが面倒なら、外食するなり敷地内にあるレストランに行くなり、
コテージまで「煮るだけOK」の食材を配達してもらったり、
ピザやオードブルの宅配も頼めます。

これにさらにバス、トイレ、洗面所、テレビ、電話、ドライヤー、掃除機まで。

至れり尽くせり。



続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年11月09日

台ヶ原宿&…by kome麹

サントリー白州蒸留所を出て、

山梨県北杜市、甲州街道台ヶ原宿へ。

102733.jpg

山梨銘醸さん、日本酒「七賢」の蔵元です。

創業寛延3年、明治天皇の行在所として使われた母屋奥座敷は
堂々たる構え。

。。。ですが、夫には客が乗ってきたバイクのほうが気になる様子(笑)

102735.jpg

店内をレールが貫いている様は、以前、訪問した「女城主」の蔵と同じ。

大きい蔵になると、トロッコで荷を運搬するのは常識となるようです。

102736.jpg

いっぱい試飲させていただいた中で、気にいった
「梨北米(りほくまい)夢山水」

帰って調べてみたら、蔵のWEBショップでも扱っていなかった。

蔵元とJA梨北の直売所でしか売っていないらしい。

我ながら、限定ものを嗅ぎわける嗅覚は一品?!

102737.jpg

金精軒さん。

信玄餅の老舗。というより、信玄餅は金精軒さんのお菓子だそうです。

102734.jpg

なので、他のお店が製造販売する時には「○○の信玄餅」と表記する
のだとか。

102738.jpg

購入した「生信玄餅」をその夜のデザートとして頂いてみましたよ。

102739.jpg

きなこをかけ、

102740.jpg

さらに黒蜜がけ。。。(+_+)

夫は「お〜かけろ、かけろ!!」とハシャいじゃってましたが、

黒蜜は正直いらなかったのでは。。。極甘。

生信玄餅自体は、普通のよりさらに柔柔で、美味しかったです(^^)



続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年11月08日

サントリー白州蒸留所…by kome麹

入笠山から下りてきて、次に向かうは、

102714.jpg

「サントリー白州蒸留所」です。

登山して、次にウイスキーってどんだけ健全だよって、

自分でも多少つっこまないわけでもないですが…(笑)

1027141.jpg

駐車場前で入場受付を済ませ、木立の間をくぐりぬけて行くと、

102715.jpg

ウイスキー博物館が姿を見せます。

ここで予めネット予約しておいた「ウイスキー蒸留所ガイドツアー(無料)」の
案内確認を受け、いよいよツアーに出発!

まずは歩いてすぐの蒸留所へ。

入口から濃厚なウイスキーの香りにやられます。

102716.jpg

最初に仕込槽へ。

細かく砕いた麦芽を温水とともに仕込槽の中に入れ、ゆっくり時間をかけて濾過し、澄んだ麦汁をつくります。この段階で重要となる仕込み水を求めて、蒸留所は名水の地に造られるのですね。

102717.jpg

次に発酵。
麦汁を発酵槽に移して、酵母を加えます。

102718.jpg

中をのぞくと、何とも言えない良い香りが脳と言うか、胃を刺激します。

102719.jpg

蒸留です。

並んでいるポットスチルの形はそれぞれ違うそうで、酵母、発酵槽、蒸留釜、貯蔵樽など全て使い分けて、それぞれ個性あるものを作り上げているのだそうです。


次に敷地内をちょこっとミニバスで移動して、貯蔵庫へ。

102720.jpg

一ツアー50人の構成で満員。

なかなかの人気ぶりです。




続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 10:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年10月29日

奈良の豆腐…by kome麹

こちら方面に行く用事があったので、ついでに探訪してきました。

「だいたい、この辺りだったよね〜」

と車を走らせてると、

DSC_0024.jpg

ジャーン!(というほど、大きい店ではなかったですが)

伊勢屋豆腐店さんです。

所在地は奈良県五条市田園、住宅地の中にあります。


四台分ほどの駐車スペースに運よく入ることが出来て、

いざ、店内へ!

……と、中を一目見るか見ないかのうちに、

「試食されますか?」

の声につられて、ふらふら〜と試食コーナーへ(笑)


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年10月27日

オフの新しいツール

以前は持っていたのですが諸事情で手放してから数年・・・。

ちょっと必要になったので、思い切って奮発しましたパンチ

DSC_0025.jpg

トレッキングシューズですexclamation

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年08月22日

TKG!…by kome麹

DSC_0013.jpg

和歌山県橋本市は養鶏の盛んな地域です。(って長年、知らんかった)

橋本養鶏農業協同組合が隣接する土地に、

TKG(卵かけご飯)と卵スイーツの直営店を出したという。

やっぱ行っとかないとね!

DSC_0016.jpg

卵かけごはん(みそ汁付)350円。

安っ!!

DSC_0017.jpg

和歌山名産梅地鶏を使った親子丼(みそ汁付)500円。

大盛り600円とありましたが、並で十分多いです。。。

DSC_0014.jpg

出汁巻き卵 150円。


テーブル上には籠盛り卵(一枚目写真)が置かれていて、

無料食べ放題です。

卵好きには、たまらない〜(^^)v

用意されているこちらのブレンド醤油、湯浅醤油ともに美味しくて、

出汁はきいてる。卵はつるつる。

「ここに会社があったら、毎日、昼を食いに来る〜」と

夫に言わしめるくらい、美味でした。

DSC_0018.jpg

『卵庵 はしたま』さん。 (写真、指入っちゃってるぞ!!)

橋本側からだと下り坂カーブを曲がり始めたところにあるので、ちと入りづらい。

気をつけて見ていないと、行きすぎちゃう可能性大です^^;

11:00〜14:00の営業で、私たちが入ったのが13時くらい。

それで「朝からお出ししてるのだから、新しいのと変えますね」

と、籠盛り卵を交換してくれました。

いえいえ! まだまだ生みたての範疇でしょう〜と思ったのですが、

交換していただいた卵は、ぷるんっ!と意気が良くて大!満!足!


お店は隅々まできれいで、セルフサービスだけど、

働いてるおばちゃんたちが、とってもフレンドリーでスマイルフル!

長く続くといいなあ、とは思うけど、あんまり混雑されるのも××××


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年08月07日

奈良県御所市…vol.2

前回のぶらぶらが結構良かったので・・・

またまた行ってきました晴れ

今回は、目標を決めての探索ということで・・・。

DSC_0027.jpg

葛城高原ラッテたかまつ】に行ってきましたるんるん

お目当ては、もちろん数々の乳製品です。

DSC_0024.jpg

このテラスで頂きましたexclamation

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 12:39| Comment(7) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年07月18日

奈良県御所市…by kome麹

三連休は釣りに行かず、近場をぶらついて過ごしてました。

ぶっちゃけ、食と酒に走ってただけですが。。。(^^ゞ


山一つ越えたところにある奈良県御所市の

JA直売所に野菜を買いに行き、

「そーいえば、この辺りに豆腐屋さんがあったよねえ」

と、細道を入っていくと、

DSC_0034.jpg

ありました!

超!隠れ人気店「梅本とうふ店」さんです。

平日、休日、いつ行っても激混みで、

混雑終わって、店に入ろうものなら、おから一つ残ってない。

と、言われるほどの人気ぶりなのですが、

この日は何故か、我が家の貸切状態わーい(嬉しい顔)

もっとも、品物はほとんど残っていませんでしたが。。。

入店して、欲しい品を注文書に書いて提出し、

待っている間は試食、試食、試食!

DSC_0031.jpg

右斜め上店側がご好意で出して下さる試食の数々。

入店した客全員に、当たり前にこれだけ出てくるのです。

厚揚げ、豆腐うどん、お椀は豆乳鍋。美味exclamation

テーブルにはその他にも、金剛とうふ(木綿)、葛城とうふ(絹)、ゆずとうふ、

豆腐どーなつ、等々の試食があります。

試食して気に入った!と思っても、品切れで買えないのが残念ですが~~~

びっくりするのは、店内に飾られた写真とサインの数々。

DSC_0032.jpg

右斜め上こちらは、HTB「おにぎりあたためますか」の面々。

元サッカー日本代表の中田英寿選手の写真もあって、一体どういうご縁が…

などと考えながら見て回るのも楽しかったです。

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年01月08日

今年の屋台は・・・

運試しのあとは、食の探究ですわーい(嬉しい顔)

今年、見つけた変わった屋台は・・・

120101_1649~0001.jpg

「鶏かわぎょうざ」

これは美味そうでした。特に寒かったのでね〜あせあせ(飛び散る汗)

120101_1650~0001.jpg

「蒜山焼きそば」

これは昨年から有名ですよね〜。B1グランプリで。
ほかにもB1系はありました。
これらは、ニオイでやられますパンチ

120101_1709~0001.jpg

「ラム肉の串焼き」

これは見たことないですな〜。
でも、これを食べるとビールが欲しくなりそうなので、ここは我慢しましたふらふら

そして、今年の一押しは・・・
続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2012年01月06日

恒例の運試し

正月の我が家の恒例といえば、初詣のハシゴですひらめき

120101_1629~0001.jpg

まずは一つ目。

実家近くの【生根神社】で運試しexclamation

この神社、住吉大社の横にある神社で、地元の人はこっちがメインという人が多いくらいの地元密着型の神社です。

私は・・・

120101_1633~0001.jpg

無難なスタートですが、奥さんは・・・

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2011年11月24日

恵那〜多治見…by kome麹

恵那市岩村町を出て、最終目的地多治見市を目指し、

その間にある瑞浪市、土岐市でもぶらぶらを継続します。

IMG_6576.jpg

写真は瑞浪市にある

道の駅「おばあちゃんの市・山岡」の水車とアーチ橋。

「小黒川ダムによる水没地域の歴史を象徴している」

…って、何気に悲しいじゃないの!

この後、道の駅「土岐美濃焼街道(通称どんぶり会館)」と

道の駅「志野・織部」も続けて訪問。

このあたりは美濃焼の産地で、夫はそのひとつ志野焼が好きなのです。

しかし大蔵省としては、できれば手ごろなところで手を打ってもらいたい。

なので、手ごろ品がそろっている道の駅参りとなったのですが、

この三つの道の駅が、盆・暮れ・ご飯時でもないのに凄い盛況ぶり!

さては皆さん考えることは同じ…と思えば、特に熱心に探す&買うでもない。

謎でした。

それで、夫の御めがねにかなったものがあったかといえば、

「これなら、まあまあ良い。さんきゅっぱだし」

「ふ〜ん……398,000円!!!!」

恐ろしくて、窯元まで行こうかという計画は無くなりました。

作家さんの前で、そんなことを言われた日にゃあ……。

111116_1920~0002.jpg

妻が唯一買ったお猪口。

一応、作家もの(工場ものではない)ですが、

どの作家さんかは、全然覚えてないのでした。門外漢丸出し。

IMGP4267.jpg

お猪口と一緒に写っているお酒「千古乃岩」の蔵元「千古乃岩酒造」さん。

道の駅「土岐美濃焼街道(通称どんぶり会館)」の近く、土岐市にあります。

IMGP4268.jpg

小売店舗名は「尾張屋商店」

4日前に出来たばかりという「しぼりたて生酒」を試飲させてもらう。

…と、これがもう!もう!素晴らしく美味い!

アル添、アルコール分19度〜20度、基本的に辛口というイメージを

完全にぶっ飛ばす、柔らかで爽やかで魅惑的、飲みやすく、飲み飽きない。

久しぶりに引き当てちゃった大当たりの蔵です。

日本酒って、まだまだ!全然!捨てたものじゃないわ〜黒ハート

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2011年11月22日

恵那市岩村町…by kome麹

馬籠宿を出て、お次は恵那市岩村町へ。

IMG_6565.jpg

城下町かつ商家町として重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

とはいえ、カンペキ地元密着型日常的商店街として存在している。

歩いているのは地元の方。買い物されているのも地元の方。

通行しているのも、フツーに地元車。

IMG_6561.jpg

一部の人にだけ通じる言い方をすれば、

三十年ほど前の奈良県五条市とか和歌山県かつらぎ町とか、そんな感じ。

しかし、そう考えてみれば三十年前の懐かし〜い風景の中に、

現在も暮らしている、というのは大変貴重なものですね。

IMGP4257.jpg

水野薬局さんの看板。

「御岳百草丸」というところが、土地柄を表している。

奈良県でいうなら陀羅尼助丸といったところ?

111114_1157~0001.jpg

ぶらぶらしていると、あたり一面に甘〜い香りが。

辛抱しきれないという感じで、香りの元「松浦軒本舗」さんへ。

111115_2007~0001.jpg

長崎に初めて伝わったそのままの味を保持しているという加寿天以羅。

加寿天以羅(カステーラ)、こう書くと夜羅四苦みたいだけど、

確かにカステラとも言いたくない、カステーラな感じ。
(雰囲気だけわかって下さい<(_ _)>)

111115_2009~0001.jpg

「カステラと思って食べたら別物」「モサモサしてる」

という評価を聞いて、どんなもんかなと思ったけど、

いやいや〜カステラって、こうでしょう!

少なくとも年齢一ケタ時代に食べたカステラは、こうでした。
(夫は「いや、違うけど…」と言ってた。都会っ子はこれだからよー)

余計なものが何も入っていない素朴な味で、

特に最近、凝ったものを食べると疲れちゃう…

…って、どんだけババアだ!って話ですが(笑)

食べ続けても疲れない! どんだけでもイケちゃう。

「口の中で消える」とか「とろけちゃう」とは、別次元の話で、

しっかりしているけど、口でふわっと噛みちぎれる優しさがある。

美味しさ&懐かしさ満点の加寿天以羅(カステーラ)ですわーい(嬉しい顔)

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2011年11月20日

馬籠宿…by kome麹

off会終わって、翌日は例のごとくぶらぶらしました。

IMG_6520.jpg

まずは駒ヶ岳SAで山の写真撮影。

IMGP4251.jpg

中央アルプス。伊那前岳。

大田切の紅葉も見えます。良いですね。

IMG_6516.jpg

鉄塔が邪魔な、南駒ケ岳。仙涯嶺。

IMG_6522.jpg

名前がすでに怖い、迷尾根ノ頭がちょこっと見えています。

IMG_6519.jpg

南アルプス方面。北岳。

いつも思うけど駒ヶ岳SAは2キロほど北にずれていてほしかった。

鋸岳とか甲斐駒ケ岳とか、どうしても撮影できないのよね〜もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_6524.jpg

神坂PAに移動。

このPAに車を置いて、馬籠宿に行けるというのは知っていたけど、

それを実践してみることにしました。

駐車場脇の鉄扉を開くと、

IMG_6525.jpg

高速の上を通って、馬籠宿に向かうことができます。

おお! なんか不思議だ!

IMG_6531.jpg

徒歩15分ほどで、本当に馬籠宿に到着!
続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2011年10月16日

反省文…by kome麹

「9月最後のあがき釣り」からの続き、最終回(やっと!)

110930_1325~0002.jpg

「ガァオオオオ〜!」

110930_1311~0001.jpg

道の駅「九頭竜」のおろしそば(温)

雨で冷えた体に、沁みた。

ここの「昇龍まいたけの天ぷら」と「里芋煮っ転がし」は、

もはや外せません。

ところで…
続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2011年10月11日

越前大野城…by kome麹

IMG_6411.jpg

越前大野城です。

IMG_6406.jpg

城までの登山道は4か所。

当時の登城口である「百間坂」から上りたかったのだけど、
あいにく工事中。

仕方なく、ぐるっと回りこんで西登り口にやってきました。

が、これが結構な急傾斜の階段! 一番の近道とは言うけど…

IMGP4123.jpg

これでもか!というほど階段を上ってたどり着きました。


織田信長の配下、金森長近により築城されたのが始まりとされる大野城。

石垣は「野面積み」という工法でつくられています。

石をほとんど整形せず、大きい石を奥に押し込んで積みあげていった

…というのが、かなり珍しいらしい。

水はけが良くて丈夫、というのがウリで(?)、

今まで430年余り持っているのですから、看板に偽りなしですね。


でも一番びっくりしたのは、戦国時代からあって、焼失したのは、

江戸時代の町の大火による類焼だったということ。

なかなか無いですよね??

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2011年10月09日

大野観光…by kome麹

前日の釣りは、大雨のため午前中で強制終了となったのですが、

明けてその翌日は、眩しいほどの快晴!

神様の意地悪め!(笑)

IMGP4119.jpg

まあ、そのおかげで用意した傘も手にすることなく観光できました。

写真は七間通りにある「やなぎや薬局」さんです。

これ一軒だけでも、すんごい味があるのに、

大野の町中では、次から次へと、こういうのがてんこ盛り。

IMGP4121.jpg

伊藤順和堂 本店の「芋きんつば」

初秋〜芋の在庫が無くなるまでの間、販売されている超名品です。

本当は、ここは気持ちよくスルーつもりだったのですが、
(何せ妻はきんつばが大!嫌い!!)

ふっと振り返ったら、夫の姿が消えていて、

見つけた時には、しっかりお金を払っていた、と(笑)

しかし、渋々口にしてみた「芋きんつば」は、

きんつばの概念をぶっ飛ばす超!絶品のお味でした。

何でしょう、スイートポテトをもっと上品にした感じ?

芋のべた甘さは一切なし。凝りすぎた和菓子でもなし。

素朴すぎるわけでもなし。

美味いのです。もう!そうとしか言いようがない。

IMG_6392.jpg

「結ステーション」の中央にある時鐘(ときがね)

七間朝市をぶらぶら見ていると、「山元味噌醤油醸造元」さんの前で、

「お味噌汁、飲んで行って」と誘われ、一杯、頂きました。

うお〜! 何これ! うめー! …ってことで、

思わず味噌をお買い上げ。

朝市では、原木シイタケをお買い上げ。

そうしたら、売り子のおばあちゃんが、

「おまけ」とピーマンをひとつかみ袋に入れてくれました。

後でよく見たら、ピーマン六個も入ってる…いいんですか、おばあさん…

IMG_6393.jpg

「越前おおの結楽座」

物産館です。

ここの日本酒コーナーが半端なくて、見ないようにするのが大変でした(笑)

IMG_6398.jpg

武家屋敷「旧内山家」

外から見るだけで済ませちゃった。

それより、この前にあった小学校が総ガラス張りの美術館みたいな建物で、

そっちのほうがびっくりした(笑)

観光地のメインの通りで、観光客とか観光バスとかゾロゾロ通る中、

勉強するのって、どんな気持ちなんでしょう??

IMG_6399.jpg

内山家の入り口付近にあった。

妙に親しみのある紋様…

IMG_6423.jpg

この時期、町からちょっと外れたら、ソバ畑が満開。

まっ白い花が、ず〜っと続いてました。

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2011年10月07日

五番夜市・竹あかり…by kome麹

IMGP4100.jpg

宿に入るため、車を走らせていると、

「五番夜市・竹あかりコンテスト」なるものを発見しました。

ちょうど行こうと思っていた居酒屋への通り道!

これは行かねばなりませぬ。

IMG_6476.jpg

碁盤目状に建設された大野の城下町。

東西に走る通りを「何間通り」、南北に走る通りを「何番通り」と呼びます。

「五番夜市」は、まさにその「五番通り」で行われるので、

そういう名称がついているのですね。

IMG_6376.jpg

農産物や地元の食材販売がメインで、食べ物屋台はパラパラという感じ、

なんだか不思議。

IMG_6377.jpg

これなんか、けっこう好き。

IMG_6379.jpg

コンテストというだけあって、

「@〜作、タイトル〜」という看板が設置されているのだけど、

残念なことに投票の仕方がわからない。

投票用紙とか投票箱なんかも設置されてないようだったし…??

IMG_6475.jpg

ステージイベントもありました。

一日目はフラダンス。

二日目ちょっと見に行った時にはフラメンコをやってました。

「フ」つながり?



続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら