2017年09月20日

紀美野町〜有田川町をぶらぶら

なかなか行く機会が無いので、長い盆休みを利用して、和歌山の北部をちょっとぶらぶらしてみました車(セダン)

最初に来たのは、紀美野町にある人気のパン屋さん「ドーシェル」さん。

17081802.jpg

かなり山奥にあるのに売り切れることがあるくらい有名なところなんですが、今回はオープンしてすぐぐらいに入ることができたので、パンはまだいっぱいありましたるんるん

17081803.jpg

ちょっと早いですが、昼ご飯として頂きましたexclamation

さすがに人気店というだけあり、非常に美味でしたわーい(嬉しい顔)

もちろん、自宅用にハード系のパンも購入〜るんるん

17081804.jpg

店内から海南方面が一望できるとのこと。

ちょっと曇ってはいましたが、海が見えました晴れ

いい眺めですグッド(上向き矢印)
続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2017年09月11日

湯浅町観光…by kome麹

湯浅伝統的建造物群保存地区。
東西約400m、南北約280mにかけて伝統的な建造物が保存されている
地区です。
現住されているので、あまり中までは入れないのですが、
作った観光地感がないのがおススメです。

17081705.jpg
明治11年建築の「津浦家」。
かつての麹製造販売店で、麹屋の看板がカッコいい。
17081706.jpg
建物の格子に飾られた通称「せいろミュージアム」
17081707.jpg
せいろ⇒蒸籠。
つまり、調理器具の蒸し器を額縁代わりに使っている。
「味があっておしゃれだなあ」と思っていたのですが、発想の勝利ですね。
17081708.jpg
中身はそれぞれの家にあるものを自由に入れているそうで、
チョイスの仕方が、これまたおしゃれ。
17081709.jpg
こういうのを一個一個見ているだけで、楽しい。
古いものを喜ぶ歳になったというか・・・


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2017年09月10日

シラス丼が食べたい!…by kome麹

世間ではお休みである盆休みは、
我が家ではスケジュール押し押しの超多忙だった。
そんな中、ぽっかり空いた一日に、

「シラス丼が食べたい!!」

17081701.jpg

突発発作的に、和歌山県湯浅町までシラス丼ランチに出かけました。
(高速に乗ってランチ。真剣に贅沢)

湯浅町は一年中シラスが獲れるそうで、いつでも新鮮なシラスが食べられます。
湯浅駅から徒歩一分の「かどや食堂」さんにお邪魔して、
妻は『釜揚げシラス丼』(上写真)、
17081702.jpg
夫は『生シラス丼』を、いざ実食!

あ〜exclamationもう一口目から美味しいexclamation二口目も美味しいレストラン
最後までずっと美味しいexclamation×2
最初、どおんと丼が置かれたとき、「しまった、小にすれば良かったかな」と思ったのですが、夢中で貪り食って完食黒ハート
大ぶりのシラスがふわっふわの、良い塩梅というか良い甘さ、臭みも苦みも無くてまろやかで、溶けちゃうみたいに、スムーズに喉を通っていく。
途中で夫と一口交換したのですが、、
生シラス丼も何とは言えないけど超贅沢な刺身を食べている感じ。
まったりとコクがあって、海産物の旨味が口の中いっぱいに広がって、
後々まで美味い。

そして、夫と一致したのが、
「タレが絶品!!」
ということ。

湯浅醤油をベースにしているとは思うけど、それ以外に何が入っているのか一口には言えない、
何とも深くて、かつシンプルで、日本人の嗜好を直撃する素晴らしさ。

店内の隅で販売されているのを見て、買って帰るか随分悩んだけど、
「でも、買って帰って、スーパーのシラスにかけるって、どうよ・・・」
となって、結局やめたのですが、いついつまでも、とても惜しい。

帰ってお店のHPを見たら、湯浅醤油に有田ミカンの蜂蜜と紀州梅の梅干を合わせて炊いていました。
それは紀州生まれの魂を直撃するな・・・

かどや食堂さんは、湯浅駅からホントに徒歩一、二分。
お店の前の駐車場は車三台分だけど、湯浅駅に有料駐車場、駅斜め前に観光案内所の無料駐車場があるので、利便性抜群、超おススメです。


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2017年09月07日

そして、遠山郷へ…by kome麹

17071601.jpg
2日間、釣りをして、3日目は遠山郷へ観光に行ってきました。

遠山郷というのは、長野県飯田市の南部、静岡県との県境に位置する
広い範囲のことで、
実際に行ったのは、飯田市上村下栗地区。
通称「信州遠山郷 下栗の里」
南アルプスから伸びる尾根に拓かれた標高800〜1100mの高原の地
です。

てっきり、ここを遠山郷というんだと思ってた、無知な妻・・・

17071602.jpg
すれ違うのも難しい狭路(坂道、カーブの連続)を走破して、
広い駐車場に到着すると、すでに絶景が!
17071603.jpg
写真左奥、分厚い雲の向こうに、
兎岳(2818m)、聖岳(3013m)があります。
相変わらず南アルプス運のない二人。。。
それとも、晴天の南アを見るのは、至難の業なのか???

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 17:21| Comment(7) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2017年05月10日

GWのぶらぶら…by kome麹

ちょっとの間、ごぶさたしておりました<(_ _)> 5月ですね。
ゴールデンウィーク中のぶらぶらを一挙掲載したいと思います。

9連休中の中日は、奥河内の『くろまろの郷』でランチして、
17050201.jpg
初訪問の堺市の『泉北堂』さん(超シックな建物!)で、パンを買い、
17050202.jpg
こちらも初訪問の汐ノ宮駅近く『豆小屋』さんでコーヒーを頂きました。
17050203.jpg
火水木しか営業していないので、こういう機会でなければ来られなかった。
緑いっぱいの小さなお店には、
コーヒー豆の種類がびっくりするくらい充実していて、
買って帰った豆は、今でも夫が特別扱いで手で挽いています。


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 12:50| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2016年08月02日

11年ぶりのぶらぶら…by kome麹

2日間の釣りを終えて、翌日は観光&川探索に行ってきました。
16071701.jpg
分杭峠。
ゼロ磁場パワースポットとして、すっかり有名な観光地になっていた。
車が止められないので、車内から撮影。
16071702.jpg
撮影場所は違うけど・・・シナノナデシコ。
16071703.jpg
大鹿村ビガーランドに到着。
観光案内所ビガーハウスとお土産処「秋葉路」があります。
南アルプスを望む好立地にあるはずが。。。天気はいまいち。

有名河川や小渓流をチェックしながらドライブを続けます。
11年前に釣りをした場所が当時そのままだったので、ちょっとカンドー。
車には釣り道具が満載ですが、昨日帰る予定だったので、かろうじて持っていたのはワンピース(妻)と短パン(夫)のみ。
短パンで夏スタイルはありかもしれませんが、そうすると妻が車に取り残されるので、やっぱりそれはありえないのでした。
16071704.jpg
地蔵峠に到着。
16071705.jpg
秋葉古道。鬼面山への登山口。
16071706.jpg
「地蔵まで道を届けて虫の声」
詠み人は読めず。
16071707.jpg
地蔵峠の名の由来になったお地蔵さま。
この場所にして、整備、清掃が行き届いてますね。
16071708.jpg
静岡県春野町・秋葉神社への参詣が盛んになって(秋葉信仰)以来、
秋葉街道と呼ばれるようになったそうです。
16071709.jpg
峠にあった珍しい標識。
しかし、我が家のケータイはアンテナ3つ!とはなりませんでした。
16071710.jpg
シデシャジン。おそらく。


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 12:44| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2016年04月04日

奈良県五條新町…by kome

母と二人で電車で桜を見に行こうと、奈良県は五條市へ。

ところが、当初予定していた長屋門のある史跡公園に行く途中で、
交通量の多い国道の歩道が途中から無くなってしまい(工事中)
安全優先で、急きょ新町観光に切り替えることに。

仕切り直して、宝満寺さん前からスタートです。
16040201.jpg
江戸から昭和にかけての建築が残る五條新町。
写真は薬局の建物です(現役)。
16040203.jpg
結構、有名な『餅商 一ツ橋』さん。
16040204.jpg
酒蔵『山本本家』さん。
山本本家さんは土日祝日がお休みで、古き良き田舎のお約束を現代に
引き継いでおられるようです・・・
16040202.jpg
新町は、ほぼ山本本家さんの建物でできてるんじゃないかと思うくらい
広い土地を占めている。
こちらは清酒「松の友」を醸造している蔵で、
あと、柿ワイン蔵と酒蔵レストランに貸し出している蔵がある。
16040205.jpg
その山本本家さんの建物脇に設置されているマップに見入っていた
母が一言。
「こんなん見ても、全然わからへんわ〜」
kome麹の方向音痴は母譲りであったという驚愕の事実が、ここに判明したのでした・・・
16040206.jpg
方向感覚に不安の残る二人で散策再開。
とにかく、観光地っぽそうな方へ。
16040207.jpg
郵便局の粋な計らいのポスト。もちろん、投函できます。
16040208.jpg
吉田茂内閣で大臣を歴任した政治家、木村篤太郎の生家。
現在、まちや館として無料公開されています。
16040209.jpg
まちや館を過ぎて、『ジャパニーズレストラン五條・源兵衛』さんの手前で
道を折れて、川に出る。
吉野川に泳ぐ鯉のぼり。一本竿に悠々と泳ぐ姿はやっぱりいいですねえ。

写真左手にある大川橋を渡るのが、うっすら目標ではあるのですが、
それまで母の体力が持つかどうかがポイントですなあ。
16040210.jpg
土手から、ふと振り返れば、まちなみ伝承館の駐車場奥にあるしだれ桜が見ごろでした。
この木製の橋を渡って、ふたたび新町通りに復帰し、
16040211.jpg
こちらも無料公開されている『まちなみ伝承館』にお邪魔してみることに。


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 16:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2016年03月18日

滋賀にハマる…by kome

2014年12月にノープランで湖北を巡ったとき、
飛び込んだ酒蔵の一つ『吉田酒造』さんに、
ファン多数!奪い合い必死!の酒があるという。

知った時にはすでに販売終了で残念〜となったので、
今回、電話で問い合わせして発売日当日に買いに行ってきました。
。。。高速を使って。。。ええ、もう、どんだけ、バカじゃん。。。(^^)16031301.jpg
琵琶湖畔に建つ吉田酒造さん。いつ見ても味のある構えです。

昼頃、到着したので、お店の冷蔵庫の中にはギッシリお酒が!
「もしかしたら、すでに無くなってたりして〜」
と心配していたお酒もちゃんとありました。
それが、こちら。
16031302.jpg
マキノ高原を流れるヨキトギ川の下流に酒米の田んぼがあったことに
ちなんで名づけられたのだとか。
酒米の名前は吟吹雪。以前購入した「純米吟醸 吟花」がこの酒米を使っていて、感動する旨さだったのでした。
さらに、「ヨキトギ」は絞られたときに最初に出てくる「あらばしり」なので、
微発泡なのだとか。
お店の方のお話を聞いているだけで美味しそう・・・黒ハート

購入できた時の気分は「ヨキトギ、買ったどーexclamation×2

そして、何故か、
16031303.jpg
こういう、
16031304.jpg
おまけも(笑)
「新酒第一号 初しぼり」と「純米生原酒 かじや村」
テンション上がりすぎて、買いすぎ。
いつものことですね。
16031305.jpg
吉田酒造さんの目の前にある琵琶湖、海津の石積み。
16031306.jpg
何気にある巨木。
湖岸には朽ち果てた桟橋跡が残っていて、とても景色の良いところです。

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 16:31| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2016年02月22日

珍しく、奈良の夜…by kome麹

(ならまち酒浸り、の続き!)

ならまちにある酒屋『京勘』さんで、
「2月14日まで『なら瑠璃絵』をやってますよ。綺麗だから、遅くまでいられるなら見ていらしたらどうですか」とお勧めしていただきました。
そんなこと全然知らずに、ふらふらと奈良に来ていたので、ラッキーと日没を待つことに。
16021109.jpg
どこかで食事しようかな〜と思いながら
16021110.jpg
路地をさまよううちに、あっという間に日没となって、『なら瑠璃絵』の会場
まで、ぶらぶら移動します。
16021111.jpg
の、前に、
途中で、奈良どっとFMサテライトスタジオの隣に『ならクターショップ絵図屋』さんが移転しているのを見つけて、急きょ『まほろば大仏プリン』と『まほろば大仏プリンロール』をゲット!
小腹がすいていたので、近くのベンチに座って『まほろば大仏プリンロール』を食べる、と、もんのすごく柔らかいから持っていられなくて、ほとんど丸呑みみたいな勢いで食べちゃった。
本来は、スプーンでひと匙、ひと匙、味わって食べるべき一品でした。
惜しい。

『なら瑠璃絵』は、何とな〜く公園方面?くらいの感じで歩いていたら、
鹿につられて興福寺へ。
知らなかったけど、ライトアップ会場は興福寺から始まっていたのでした。
16021112.jpg
さすが鹿。奈良観光大使(営業部長?)は良い仕事します。
16021113.jpg
夕暮れすぐの青が良いのね。

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2016年02月20日

ならまち、酒浸り・・・

マイナちゃんのおかげで、昨年の9月からずーっと忙しかったのですが・・・

とりあえずは一段落わーい(嬉しい顔)

たまってる休みを利用して2月の飛び石連休を埋めて4連休としましたるんるん

そこから何をするかを考えたのですが、なかなか浮かばず・・・

考えついたのは、ならまちひらめき

まずは近鉄難波駅へダッシュ(走り出すさま)

16021101.jpg

近鉄特急を間近で見てしまって、思わず一枚。

ガキの頃から、これはちょっと憧れの電車ですわーい(嬉しい顔)

でも、乗りません・・・。


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2016年02月09日

パン熱…by kome麹

16013001.jpg
和泉市池田下町にある『小麦屋 弥平』さん。
無農薬フルーツから完全自家製で天然酵母を作っている、
パン美味しい、建物かわいい、店主さん丁寧の、こだわりパン屋さんです。
まず、キノコ型したプリンパンとクリームパンの見た目にやられること
請け合いです。
買ってきたフランスパンのお見事な味をかみしめていたら、
パン熱に火がついて、

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2016年01月05日

恒例の鯖街道詣・・・

昨年末ですが・・・

例のごとく、滋賀県までぶらっと出かけて来ましたグッド(上向き矢印)

もちろん、目的はコレひらめき

2015122601.jpg

「栃生梅竹」さんです。

土曜日の昼時ということで、混んでるかなと思ったのですが、すんなりゲットパンチ

で、昼飯は・・・

2015122602.jpg

「永昌庵」です。
我が家の蕎麦ランキングでベスト3に入るお店です。

私は・・・

2015122603.jpg

おろし蕎麦。

奥さんは・・・

2015122604.jpg

かけ蕎麦。

次は違うものをと考えつつ、いつも同じものを食していますわーい(嬉しい顔)
続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2015年12月03日

四季の郷 喜久屋…by kome麹

15111201.jpg
新潟旅行一日目の吊り橋を渡った先にあったのは、
15111202.jpg
荒川に沿ってある、えちごせきかわ温泉郷の中でも最上流部に位置する
鷹ノ巣温泉『四季の郷 喜久屋』さん。

3か月前に予約状況を見たら、すでに満室に近くて、慌てて予約を入れた。開いていた日がこの日だったから、すなわち旅行日程もこの通り、というこの宿ありきの旅だったのでした。

対岸の駐車場に車を停めて徒歩200mほど、夕闇に浮かび上がるフロント棟を目にしただけで、もうドッキドキです。

ここでチェックインの手続きをして、和+アジアな作務衣風制服を身につけた女性に台車で荷物を運んでもらう。庭の通路を進むと、宿泊棟の前に色違いの制服を着た女性が待っていて、その人が私たちの担当者で、滞在中、部屋に入ってくるのはこの女性だけでした。(大きなものを運ぶときは、玄関前まで別の人がついて来て、担当者にリレーしていました)役割によって色を変えているその衣装(いや、もう衣装と言いたい!)が舞台装置の一つみたいで、のっけからやられます。
15111203.jpg
玄関を入ったところから、「わああ〜写真撮りたい!撮りたい!」となったのですが、ひとまず落ち着いたふりをして、設備や注意点について聞き、夕食の選べる一品を選び、浴衣にするか作務衣にするか選ぶ。
担当の方が去って行ったら、即撮影タイム開始!
15111204.jpg
十畳の和室。
15111205.jpg
その奥には掘りごたつの食事処。
寒い時期にはコタツになるそうですが、まだなっていませんでした。
これも暖冬が悪いのだ。
15111206.jpg
食事処と(御茶が飲めるくらいの)簡易キッチン。
玉露、ほうじ茶、ハーブティー、レギュラーコーヒーなどが常備されています。
15111214.jpg
しっかりとした個室空間になっているベッドルーム。
流行りのローベッドですね。
位置的には庭の通路に面しているのですが、足音どころか物音ひとつ聞こえませんでした。

これに内風呂と専用露天風呂がついた離れ客室で、テレビが三台ついていたけど、天気を確認するくらいで、ほぼ見たいとは思いませんでした。(思いつきませんでした)

お風呂は源泉53度を直接引き入れた天然温泉かけ流し。
泉質はナトリウム。
53度だけ聞くと、とんでもなく熱いようですが、露天風呂に出るための扉を開放しておけば、少しぬるいくらいになって、いつまでも入っていられる。
むしろ、露天風呂の方が熱いくらい(多分、これは面積の違いで、冷めにくいのでしょう)
水で調節できるようになっているので、夏場はそうるすのでしょうが、ベストなシーズンに来たものですわーい(嬉しい顔)

実は、妻は温泉が大の苦手で、温泉旅館に泊まるにしても、まず部屋にユニットバスがついているかどうか確かめるくらい。塩の温泉ではすぐに鼻血を出すし、一度これは大丈夫だと思って15分浸かって、脱衣所で30分死んでいたこともあった。
今回は内も外も温泉で、どうなるかと思っていたのですが、滞在中に何と!3回もお風呂に入りました。
ほのかに硫黄の香りがして、3回も浸かるとさすがに唇が塩でパリパリしましたが、どれだけ浸かっていても「良い湯だなあ〜いい気分(温泉)」しか思わなかった。
のぼせないし、疲れないし、鼻血も出さない。肌がサラサラになって、お腹がじわ〜といつまでも温かい。

一度、お風呂で温まったところで、さて夕食です。
(食事時間は当然のごとく選べます)
15111207.jpg
食前酒の白加賀梅酒で乾杯して、先付は、山菜盛り合わせ。
山菜もキノコの種類も説明してくれるのですが、キノコはほぼ初めて聞いたものばかりでした。
前菜は、(零余子真丈・のど黒しめじ巻き・柳鰈みりん干し・鮭の酒びたし・
かます棒寿司・蕨一本漬け・サーモン巻繊巻き)
吸い物に、土瓶蒸し(舞茸・海老・粟麩)
15111208.jpg
お造りは、岩船の幸(ヒラマサ・蛸・鱸)最期の一文字を献立表で見て、「何だっけ?」と夫婦二人で頭を悩ませていたのですが、担当の方はさすがに「何だっけ」てことはなくて、即答してくれましたよ(当たり前だ)
正解は「スズキ」でした。小皿の魚醤がよく合いました!
お酒のメニューが置いてあって、日本酒、ワイン、梅酒、焼酎、ビールと
そろっている。
旅行日程に佐渡を入れてなかったので、佐渡のお酒「北雪 純米酒」を頼みました。

お凌ぎは、自家製胡麻豆腐。
15111209.jpg
3品の中からお好みで選んだのは、夫は「新潟地酒の酒蒸し」
15111210.jpg
妻は「関川産朝日豚の茶っぶ茶っぶ」
30分ほど行ったところにある村上市は北限の茶どころ。そのお茶を使ったしゃぶしゃぶです。
15111211.jpg
揚げ物は、キノコ天婦羅。
またまた名前を聞いたことのないキノコばかりで、新鮮で歯ごたえがあって、キュイキュイと歯触りが良い。キノコ好きにはたまらない。
15111212.jpg
関川産こしひかりの山菜ご飯と甘酢漬け(山ウド・アサツキ・土筆・イタドリ・
カンゾウ)お味噌汁。

ご飯が、瞬時にわかるくらい甘くて美味しい。粒も大きくて、輝きが違う。
さすがは米どころ新潟県です。

お酒が入ってから食べる速度がゆっくりになって、それを読み取った担当の方は、運んでくるペースを徐々に落としていった。それが、早すぎず待たせすぎず、絶妙のタイミング。

最期に一口お酒が残っちゃって、しょうもない夫婦は「ほんのおつまみ」を頼んだのですが、「これは絶対にお酒に合います!」と(それも笑顔なんですよね〜この女性の笑顔には、最初から最後までものすごい安心感がありました)2品持ってきてくれました。もちろん料金にプラスしてと考えていたら、お会計には載っていませんでした。サービスだったのです!
15111213.jpg
最期のデザートは、若女将スイーツ盛り合わせだったのですが、
○○(夫)さん、お誕生日おめでとうございます!」の声と共に運ばれてきました。
生年月日は確かに記したけども、宿泊日は誕生日2日前で全然そんなことは思っていなかったので、夫婦二人でのけぞるほど驚いた! 「お誕生日当日は、もうこちらにいらっしゃらないですから」とのことでした。食べている間は「一生で一番幸せな誕生日」みたいな空気になりましたよ。

山菜・キノコづくしの食事が『喜久屋』さんの一番の売りで、
「山菜が苦手な方はご遠慮ください」と予めお断りがあるくらい。
山菜・キノコが大好きな我が家はもちろん大・大・大満足でした!!

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2015年12月02日

新潟旅行4日目…by kome麹

111501.jpg
旅行4日目にして、完全に雨に捕まった。

朝起きて、まずは高岡市に移動します。
高岡市には今、最も手に入りにくいとされている酒「勝駒」を醸す『清都酒造』があり、地元でも入手困難とされているものの、品ぞろえが充実している地元店ならば、さすがに一本くらい手に入るだろう、と(ちなみに、「勝駒」は本当に一家族一本と限定されていたりします)開店早々の店内に入ろうとすると、その自動扉に「今年の勝駒は完売しました」の張り紙が。。。もうやだ〜(悲しい顔)

富山には他にも良い酒がある、と店員さんの丁寧かつ詳細なアドバイスを聞き、「羽根屋 純米大吟醸50」と「成政 純米酒 純」を購入。
「羽根屋」は、またまた手に入りにくい限定酒だ。ふふふ。

知識豊富で親切なこのお店は『エスポアなかやす』さんでした。

次に『散居村展望台(鉢伏山)』に向かったのですが、散居村どころか、展望台、自分の車さえガスの中で見えず。素晴らしい散居村の風景を見たかったら、雨の日はよしましょう雨

そのまま山を下って庄川峡に出て、連続するダムとトンネルと紅葉を見ながら、(このあたりの紅葉は、本当に素晴らしいのに、何故に写真撮影ができるくらいのスペース一つ作ってくれなかったのか)
111502.jpg
『相倉合掌造り集落』に到着。
言わずと知れた世界遺産、『白川郷・五箇山合掌造り集落』の一つです。
日曜日だったのですが、さすがに雨のためか駐車場に車をすぐ停めることができました。保存協力金500円を支払うともらえる地図を見ながら、集落を散策します。
111503.jpg
第一駐車場から、上の集落全景撮影スポットまで登っての一枚。
ちっちゃくまとまっていて、とても可愛らしい。
それでも、60人が暮らすれっきとした住居なのですから。
111504.jpg
お宿『勇助』さん。
合掌造りで泊まってみたい!と調べたのですが、やはり全宿満室でした。
客室数は多くても4室くらいで、いつだって争奪戦!ですよね。
111505.jpg
茅葺の色が内と外とで違う。
雨が丸い粒になって、急勾配の屋根を滑り落ち、タントン、音を立てるのを聞いていると、おとぎ話の世界にいるみたいです。
111506.jpg
「原始合掌造り」や「合掌造りの宿 長ヨ門」の前にある天狗様の足跡などを見て、集落を一周するのにかかった時間はおよそ一時間。
111507.jpg
たまたまかもしれませんが、観光客の少ない相倉集落は、そのこじんまりしたまとまり方といい、こんなメジャーな観光地では珍しい、とても気持ちの良いところでした。
111508.jpg
ちょっと移動して、上梨地区にある『喜平商店』さんへ。
111509.jpg
五箇山堅豆腐で作る豆腐燻製「いぶりとっぺ」が欲しかったのですが、それだけで終わらなくて、「五箇山堅豆腐」「五箇山厚揚げ」「豆乳ソフトクリーム(絶品!)」そして何故か、すぐ隣にある『三笑楽酒造』さんの「三笑楽 ナイン 純米生貯蔵酒 ひやおろし(何と900ml!)」を購入。落ち着け!

お店の方と話していて、「白峰の堅豆腐はよく食べるのですが」と言うと、
さすがにご存じで「うちのも、そういうようなものですよ〜」とおっしゃられたのですが、確かに似ているのですが、何というか微妙に違う。
「これは水の違いじゃないか」と夫は言うのですが、確かにそうかも。
どっちも美味しいのには変わりないのですがわーい(嬉しい顔)
スーパーなどで、豆感を全面に押し出している商品より、断然こっちを食べたい。より健康によろしそうな気がします。
「いぶりとっぺ」は、よく「チーズみたい」と評されますが、「ぎゅううっと豆腐が詰まった美味しいの!」で良いんじゃないですかね。
もっと買ってくればよかったかな。


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2015年12月01日

新潟旅行3日目A…by kome麹

111417.jpg
途中、通過した六日町は愛に満ちていた。
111418.jpg
愛の人。
直江兼次公生誕の地をアピールしている像は、昨今流行のイケメンでした。
11141602.jpg
飯士山。
11141802.jpg
右端のどことなく猫耳な山は巻機山と思われます。多分。
苗場山方面も見えていたのですが、写真には写っていませんでした。
111420.jpg
約100キロを走破して、本日の(というか今旅行の)メインに到着しました。
越後湯沢駅COCOLO湯沢がんぎどおり内にある『ぽんしゅ館越後湯沢店』
新潟県の全酒蔵93蔵を試飲、購入できる越後のお酒ミュージアムです。
111421.jpg
到着後、一直線に『利き酒 越乃室』へ。
その入り口の前には、
111422.jpg
こういう、
111423.jpg
飲みすぎ注意な人形たちが。
こうならないように気を付けましょう。

まず、受付カウンターで500円を支払います。
そして、コイン5枚とお猪口一個を手に入れる。
(越後湯沢店だけの割引券を印刷して行ったので、450円になりました!)
111424.jpg
ずらりと並んだ利き酒マシンから、好きなものを選びます。
111425.jpg
赤い丸の上にお猪口を置いて、コインを入れ、黄色のボタンを押すと、
お酒が出てくる仕組み。
コイン一枚につき、一杯。五枚だから、五杯。
再度500円を払えば、何回でもチャレンジが可能です。

多分90種類くらいの塩と何種類かの味噌(これらも駅ナカの販売店にて購入可能)、肴のキュウリ、水が用意されているので、舌を変えたり気分転換ができますよ。

新潟県内93蔵全てを訪問するのは無理だし、購入するのも(お金に)限度がある。
それがわかっていたので、予め「ネットでも購入しにくい、新潟県内で消費されている酒」をリストアップしていき、それを元に訪問し、試飲し、購入する、と決めてきたので、それらを順に制覇していくことに。(はい、コインの購入は一回ではありませんでしたよ)
試飲して、塩をなめて、試飲して、味噌をなめて、試飲して、水を飲んで・・・
地域ごとに特色があって、その中では大体、本醸造だろうが純米酒だろうが似ている。

ちょっと困ったのは、周りの人は名の知れた有名蔵のをばかり飲んでいて、我が家が狙い撃ちしている蔵のは、ちょっとも手を出さない。
これが平均的な姿とすると、回転数に大きく違いがあるわけで、いくら品質管理を徹底しているとはいえ、開栓したまま一定期間置かれているわけで、しかも、そういうところに限って本醸造を出しているのが多い。
これって、涙が出るほど消毒用アルコールぽいと思ってしまっても無理ないのでは?
蔵訪問をして、五杯や六杯試飲することなんか当たり前で(当たり前?)、試飲しすぎて舌がバカになったとかではないです。

disってると思われても無理からぬところですが、これで誰かが「日本酒まず〜」と思ってしまったら、元も子もないのでは?と疑問符がいっぱいになっちゃったんですよね。許してください。
すでに味がわかっているものを試してくれば、こんなにモヤモヤしなくてもすんだのに、とは後の祭りでした。

とはいえ、この後、『酒販 駅の酒蔵』さんで、バカほどお酒を買い込むのですが。
ついに持って行った我が家で最大のクーラーボックス(35L)がリミットオーバーになり、段ボールをもらって、それに詰めこむ羽目に。
夫婦どちらも、はっきりとは口にしなかったが、こうなることがわかりきっていたから、飛行機には乗らずに長距離ドライブを敢行したのでした。ふふふ。
111426.jpg
酔い覚ましに、
新潟県阿賀野市『ヤスダヨーグルト』さんの「ドリンクヨーグルト」
どこのスーパーで売られているものより美味しかったですよ。
「搾りたてそのまま!」な、濃厚な味わい。
本当はこちらにも伺いたかったのですが、酒蔵訪問に力を入れすぎました(>_<)イタタッ

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2015年11月30日

新潟旅行3日目@…by kome麹

111401.jpg
宿泊した『コンフォートホテル燕三条』からは上越新幹線が見放題!
それに、朝食バイキングが無料でついてくるのですが、パン7種類、おにぎり4種類、ワッフル、スープ、サラダ、シリアル、ジャーマンポテト、ソーセージ、フルーツ、ヨーグルト等々が食べ放題飲み放題。太っ腹!
コーヒー、紅茶、ジュースは部屋に持ち帰れるようにもなっているし、部屋は清潔でアメニティは充実しているし、これで二人で一万円も払ってないのだから・・・わーい(嬉しい顔)
危うく、朝から食べすぎ注意になるところでした。
111402.jpg
『STOCK BUSTERS燕店』
ものづくりの町燕三条の逸品が激安で売られているアウトレット店です。
地元メーカー130社(紛れもなくmade in Japan)の在庫品や訳アリ品が5割当たり前、ひょっとしたら8割引き9割引きもあるかも?なんてうたい文句に、妻はアドレナリン爆発です。
訳アリとはいっても、「箱に傷が〜汚れが〜」という程度で、そんなことはどうだっていいのです!それで買わなくなる人がいるのが不思議。
駐車場で待つつもりで開店の10時前に到着すると、観光バスのために早開けしたらしく、開いていた。
すかさず突撃!〜店を出たら1時間が経過していた。
どうせ目移りするからと、予め「欲しいものリスト(価格帯付き)」を作っていったから、まだこれだけで済んだのですが。
レディースファッション店みたいに、女性が威勢よくカートを押していて、男性は手持無沙汰でそこらで漂っていたのがご愛敬。
夫は、まあ飽きずに面白がってくれたみたいです。良かった。
11140201.jpg
長距離移動のため、燕三条ICから北陸自動車に乗る。
粟ケ岳と左奥に越後白山。
111403.jpg
手前、守門岳。奥に毛猛山。ということは、あの奥は福島県。

やたらと山の写真があるのは、ここぞというところで写真を撮って、帰ってから地図を見て同定して、有名な山が写っていたら喜ぶというミーハー趣味ができたせいです。
「山が好きなら登ればいいのに」というもっともなご意見もあろうとは思いますが、そこはそれ、腕がというか足がというか技量が・・・
111404.jpg
「新潟県は広いんだからカーブなんて作らなくていいんだ!」くらいの
真っ直ぐで広くて立派な道路。
さすがは田中角〇先生道路(笑)
111405.jpg
普段ご縁がない地名ばっかり。良いですねえ。
思えば遠くへきたもんだ(ババア)
111406.jpg
堀之内PA到着。越後三山が見える!
怪しいどころの天気じゃなかったから諦めていたのに、超〜うれしいグッド(上向き矢印)
111407.jpg
大和スマートICを下りる。
越後駒ケ岳が前に出て、中ノ岳がちょっと引っ込む、という具合に見え方が変わってきた。
111408.jpg
越後駒ケ岳。かっこよすぎる。


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2015年11月29日

新潟旅行2日目A…by kome麹

111321.jpg
日本海東北自動車道を無料区間だけ乗って、113号に入る。
その間、飯豊連峰の白い姿が曇り空に浮かんでいた。
朝方は天気が良かったのに、村上市を出るころから天気が悪くなってきて、見えるかどうかドキドキしていたから有り難かった。

その分、113号線を選んだそもそもの目的の海はどんよりしていたけど、
見ると、その海に何かが建っている。
テレビや映画で見たような・・・夫が教えてくれましたよ。油ガス田のプラットフォームでした。そういえば、「佐渡沖で調査が・・・」とか時々、ニュースで流れてる。日本でこんなのがみられるなんて、ちょっとないですよね。
あとは、車から手を伸ばせば触れられそうなくらい(言いすぎですけど)近くで、風力発電のブレードがぐるんぐるん回っていたり、さすがに広い新潟県(でも、国内5位なんだな。微妙)いろいろあるわ。

さて、113号を離れて内陸に向けて、ちょこっと寄り道。
寄り道した先には、福島潟や瓢湖があって、この時期、白鳥が飛来しているはず。ガイドブックでは餌がやれることになっている。
行きたいかも黒ハートと思う妻の目に映ったのは、
111322.jpg
白鳥。
111323.jpg
白いカラスのように群れる白鳥。
田んぼの中で、腹をドロドロに汚して、泥の中に突っ込んだ首を一度も上げずにガツガツと何かをむさぼっている白鳥。
「白い妖精が舞い降りる町」という看板の上を、X字編隊で雄々しく飛行していく白鳥。

。。。何か、違う。

「お前らサービス業だろ! 観光客を喜ばせる代わりに餌をもらって、
優雅に湖に浮かんでたらどうだ!」と言ってやっても、聞く耳持たず(まあ、持たないでしょう)

ちょうど小学生の下校時間で、「この子たちは田んぼに白鳥がいる光景を見慣れながら育っていくんだ」ってことには、カルチャーショックでした。

さて、寄り道の目的は、ずばり酒蔵探訪なのですが。
阿賀野市の酒蔵は見つけたものの、駐車場所がわからず、「えっ?おっ?んっ?」とやっているうちに、路線バスに迫り来られて断念。
例えば、漫画「夏〇の酒」に出てくるような、「新潟の酒蔵といったら、こう!」とイメージするそのままの風情ある佇まいだったから残念。
111324.jpg
次に向かった五泉市の『近藤酒造』さんでは、何と!入口がわからない!
水路に取り巻かれた広大な敷地をグルグル回っているうちに、会社の事務所らしきものを見つけて訪ねると、私たちが求めていた酒の種類は会員さん、すなわち特約店さんにしか販売していないと。
徒歩数分のところにある『エンドウ酒店』さんをご紹介いただきました。
おそらく就業時間は過ぎていたであろう時間に、のこのこ現れた夫婦に親切にしていただきました。『近藤酒造』さん、ありがとうございました。
めでたく『エンドウ酒店』さんにて、「菅名岳 生詰原酒ひやおろし」をゲットできました。

実は、もう飲んでしまったのですが、「あの価格なら、もっと買っておけばよかった!」という美味さでした。日本酒度+5度、アルコール度数18度以上19度未満という、つまり辛口アルコール高めという妻好みのお酒。辛いのが苦手な人には辛いかもしれませんが、飲み口すっきり、二日目からは適度な甘さも加わって、これはホントにおすすめです。

その後、宿泊地の三条市に向けてナビをセットしたら、
県道55号線を指示された。
車が登り始めた、と思った次の瞬間には、すっかり山の中の険しい道を走っていて、真っ暗な中、見えるのは我が家の車の明かりだけ。夫は夜の林道を走りまくってるから、「全然」って感じだったけど、妻はナビに「こっちは新潟初心者だぞ! 急峻、隘路、闇の三点セットなんか勧めるな!」と毒づいていたのもつかの間、とどめに川に沿って並ぶ墓地群が現れて無言。
下っていった先に湯田上温泉街が現れて、真っ暗はなくなりましたが、湯田上温泉のホームページを見てみると、「山岳信仰の要所」だとか、「山伏が修行して」とか書いてあった。そりゃ、険しいでしょうよ。



続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2015年11月28日

新潟旅行2日目@…by kome麹

2日目。
111301.jpg
吊り橋から見た荒川。
サーモンフィッシングで有名ですね。もっと下流でやっていて、どうやらそこはスルーしちゃったみたい。
本日もお天気が良い!さあ、目的地に向かって、
111302.jpg
・・・行かずに、逆方向に向かって山形県にタッチアンドゴー!
もったいないですから〜
(しかし、県境を見ただけで満足して、もうちょっと先にある道の駅に気づかなかった。道の駅ハンターなのに(笑)ダメじゃん)
111303.jpg
この辺りは赤芝峡というらしいです。
紅葉見たり、米坂線と言うローカル単線の駅でのんびり撮影したりしました。(内輪受け)
111304.jpg
『道の駅関川』で「猫ちぐら」の製作実演を見る。
もともとは赤ちゃんのゆりかごだったものを猫用として販売したら大ヒット!
小10,000円〜というのに、何か月待ちだとか。
製作過程を見ていると、ひと編みひと編み実にしっかり作っていて、
お待ちいただくのも止む無し、と思いました。犬用もありますよ。
111305.jpg
昼前に目的地である村上市に到着。
のっけから、すでに鮭です。さすがは鮭の町。
111306.jpg
商店街を冷やかすのは後にして、先に羽黒神社にお参り。
こちらの狛犬は尻尾をピーンと立てて、何気にどや顔。
111307.jpg
地方に行くと、どこも大木が残ってて、すごいなあ、というか、
これが当たり前だよな、と思う。
後からできた住宅街の住人から虫が多いと苦情があって、
伐採しまくってる某大阪の神社ってなんだろう。
111308.jpg
西奈彌(せなみ)羽黒神社拝殿。本殿はこの背後にあります。
広くない境内の左右にいくつも祠が並んでいる。
なかなか凝った細工だし、私たち夫婦だけで見ているのはもったいないくらい。
高台にあるので、村上市のメインストリートと左手に海が見えました。
111309.jpg
羽黒神社から降りてきて、ランチの予定をしていた店に向かうも、
待ちの列ができている。
そういえば、この日は平日で、サラリーマンの方々が普通にランチに来ているのだ、と気づきました。先に買い物を済ませることに。

商店街に引き返しているうちに見つけた浄念寺の銀杏がまた立派!
新潟県で非常によく見かけたのが、巨大な銀杏。
色づいてるから目を引くのかとも思うけど、それにしても多い。
逆に見かけなかったのは自動販売機。
雪が多いから?と思ったけど、同じく雪が重くて多い石川県、福井県でも店の軒先とかで見かけるんですけど。謎です。
続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2015年11月27日

新潟旅行1日目A…by kome麹

111221.jpg
弥彦神社から歩くこと10分ほどで弥彦公園に到着。
仮説駐車場が駐車待ちになっているくらい、人込みも神社より多い感じ。
それもそのはず、こちらの公園には『もみじ谷』という名所があるのです。
紅葉のこの時期、この言葉に抗える日本人がいるでしょうか。

写真は紅葉した桜並木を通って行くと現れる弥彦公園トンネルです。
111222.jpg
トンネルを通り抜けると現れるのが、
111223.jpg
もみじ谷。
暖冬の影響で、紅葉するのが例年より10日から一週間は早く、
色づきもイマイチってことで、確かに見ごろなのか落葉なのか微妙ではありましたが、
天気の良さが後押しして、危惧していたよりは断然!きれい。
111224.jpg
色づきの殊更良いところでは、撮影順番待ちなことになっていました。
111225.jpg
一番見ごたえのある観月橋の辺りは、残念ながら終わっていましたが、
その他のところはもみじ谷の名に恥じない美しさ。
111226.jpg
もみじ谷の奥にある標高115メートルの御殿山を登っていくと、
111227.jpg
湯神社の鳥居がある瓢箪広場に到着。
111228.jpg
広場から見た弥彦山。
111229.jpg
鳥居をくぐって参道を行きます。
しだれ桜が並んでいて、春には綺麗だろうな、と思う。
111230.jpg
しかし、この参道、もう少しかと思えばまだ続く。まだまだ続く。
奥へ奥へとさらに続く。
旅行前に降り続いた雨のせいで、足元は滑るし。。。
運動靴を履いてて、まだ良かった。
111231.jpg
湯神社到着。
弥彦神社末社。弥彦温泉発祥の地で有難いお湯が沸き出ているそうです。
延々、山道を歩いてきた先にあったのは、本当にこじんまりした神社で、
それが余計に来てよかったな、と思わせてくれる。
本当に清々しい神社です。ぜひ、行ってみてください。

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら

2015年11月26日

新潟旅行1日目@…by kome麹

我が家にとってはある意味『聖地』新潟県に行ってきました。

二人で撮った写真総枚数976枚。ブログ用に厳選した・・・つもりが、
かなりの枚数が残ったので、今の段階では正直これが何回続くかわかりません(笑)
なので、辛抱強い方だけ我慢強くお付き合いください、と
最初に申し上げておきますよ。
111201.jpg
まずは北陸道呉羽PAで車中泊。相変わらず生活感あふれる車。
呉羽PAは立山連峰が横一直線に見える素晴らしいPA。
しかし、次の流杉PAのほうがもっと間近に見えるという情報をつかんでいたので、写真も撮らずに、すかさず移動し、
111202.jpg
流杉PAに到着。
立山連峰は大型車スペースの向こうにあって、見え方はだいぶんイマイチ。
完全に情報に踊らされた_| ̄|○
111203.jpg
流杉PAを出発すると、立山連峰、後立山連峰、さらには雨飾山、火打山・・・と続く。凄いぞ北陸道!
剱岳の大窓、小窓のギザギザに目が吸い寄せられっぱなしですよ。
111204.jpg
朝食をとるため有磯海SAに寄り道。
111205.jpg
富山湾の向こうに能登半島が見える。
この前のイベントで、夫は珠洲市の新米をくじで引き当てた。
これは縁がある、ということでは・・・(ニヤリ)
11120501.jpg
親不知海岸高架橋。
親不知子不知、糸魚川、直江津・・・何気に名前だけでやられてしまう。
11120502.jpg
すっきり美しい米山が見えてきたところで、
111206.jpg
米山SAに寄り道。山やら海やら見どころ満載で忙しいのね。
(パノラマで撮ってます。クリックすると大きくなります)
米山SAは施設自体は小規模だけど、裏の展望台がものすごく立派。
111207.jpg
写真ではわかりづらいですが、佐渡島が見えました。
今回の旅程には入っていないので、眺められただけでもうれしい。

。。。まだ目的地にたどり着いてもいないのですが。





続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら