2013年09月16日

高天道…by kome麹

連休二日間は台風で駄目になりそうなので、晴れの一日に金剛山に登って来ました。
今回、選んだのは高天道(郵便道)、戦時中に金剛山へ郵便物を運ぶために使ったルートです。
奈良県御所市にある高天彦(たかまひこ)神社の登山口から、午前八時に登山開始!

091401.jpg

高天滝までの舗装路を上ると、

091402.jpg

すぐに滝が出現。(PEN E-P3で撮影)
今回、オリンパスPEN E-P3の試し撮りを兼ねてます。
が、朝の日差しが思った以上に強烈で、白飛びしないように調整するのが大変でした〜あせあせ(飛び散る汗)

091403.jpg

こちらは、PENTAXのコンデジ。改めて操作が楽です。

091404.jpg

高天道は道程3.7キロ中、ほとんどが急登で、こんな尾根道はごくわずか。

091405.jpg

ガレの植林帯、眺望なし。(PEN E-P3)

091406.jpg

冬は大変そうです。(冬でなくても、我々夫婦には大変ですが)

091407.jpg

途中の木にくくり付けてあった温度計は20度を指している。

じゃあ、何でこんなに滝汗なんだよ〜おっかしいなあ〜ふらふら

091408.jpg

ちょっとでも、花が無かったら耐えられなかった。これはヤマジノホトトギス。

091409.jpg

イヌショウマ?

091410.jpg

栗。手の平サイズでかわいい。中身は絶対に入ってないよね。

091411.jpg

赤い目印が…と思ったら、なんか変。

091412.jpg

スコップでした。凄い目印?(笑)

091413.jpg

単焦点のみを持参したのですが、これがボケの妙味でしょうか(PEN E-P3)

091414.jpg

最後の最後で、傾斜のきつい木段が出現。(帰りに撮影)

途中で休んだら負けだと思って、一気に登り切りました。

もう少しで心折れそうになるところでした。

091415.jpg

ダイトレとの合流点。右の木段から来ました。

ダイトレのほうが距離が長いけど、尾根歩きが長いから楽だったと思う。

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 17:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 山登り

2013年05月17日

金剛山…by kome麹


13051201.jpg

ダイヤモンドトレイルを歩いて金剛山へ右斜め上

13051202.jpg

車止めからゲートを通って、ガンドガコバ林道に入る。

林道は舗装と未舗装の繰り返しで、淡々とした上り。
まずは足ならしにはいいかもしれないけど、直射日光が結構きつい!

帰りですが、キツツキのドリル音が連続して聞こえました。

13051203.jpg

途中の水場。「金剛の水」
整備されていて、真新しいベンチ&テーブルがあります。

13051204.jpg

この橋を渡って右に行くと、カヤンボの休憩所から尾根に出る。
完全未舗装になりましたけど、お約束の丸太階段が現れるたらーっ(汗)

13051205.jpg

植林ですが、これはこれで壮観です。

お隣の葛城山はツツジの名所で、この時期、見ごろなのですが、
それを知ってて、反対側にやってくる私たち夫婦って天の邪鬼…

と、思っていたら、

13051206.jpg

お!

13051207.jpg

遠目にもわかるくらい、くっきり赤い!

なあんだ、こっちからでも見えるんじゃないか。オールオッケー手(チョキ)

13051208.jpg

高野山の町石道は有名ですが、金剛山のこの辺りにも、
ちょびっとだけある。

尾根ですが、街道っぽくていいですね。



続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 11:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 山登り

2012年11月25日

葛城山…by kome麹

20121124135159.jpg

ご近所の山、葛城山(大和葛城山)に登ってきました。

パッと思い立って行ったので、登山開始は午後2時ごろ。

水越峠からダイヤモンドトレイルコースを使って山頂へ。

尾根道を行くこのコースは、尾根まで急な階段が続く、と知ってはいたけど、

ここまで、ず〜〜〜っと階段だとは思ってなかった〜!!

20121124140811.jpg

こういう平坦な部分は、ごくわずか。

20121124142743.jpg

また階段。(大部分が木段。時々、石段)

20121124143149.jpg

途中、展望が開けたところで息を吹き返す(@_@;)ヨレヨレ

20121124144226.jpg

頂上近くになれば、葛城山はススキの原。

santyou.jpg

山頂に到着です。

959.2メートルに一時間半近くかかったのは、階段のせいだ〜あせあせ(飛び散る汗)

ロープウェイで登ってきたらしい観光客が多い中、山姿は目立ちますが^^;

ここのロープウェイも行楽シーズン中は二、三時間待ちは当たり前。

山頂も大賑わいらしいですが、全然そんなことはありませんでした(^^)

20121124145042.jpg
(パノラマで撮ってます。クリックすると大きくなります)

山頂は360度の展望。全方向拝めたのは、我が家にしては珍しいわーい(嬉しい顔)

眼下には御所市、橿原市、桜井市などなど。

20121124145917.jpg

街中に、ぽこっと盛り上がっているのは大和三山です。

畝傍山、耳成山、天香久山。奥にあるのは三輪山です。

20121124145943.jpg

こちらは、山上ヶ岳、伯母ヶ岳、大台ヶ原。

20121124145434.jpg
(パノラマで撮ってます。クリックすると大きくなります)

岩湧山、和泉葛城山方面も、くっきり。

20121124150612.jpg

吉野方面。

20121124150633.jpg

こうやって見ると、近畿も山深いです。

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 17:05| Comment(9) | TrackBack(0) | 山登り

2012年11月05日

入笠山(1955m)…by kome麹

管釣りオフ会の前日、長野県富士見町にある入笠山に登ってきました。

富士見パノラマリゾートのゴンドラに乗れば、山頂までは30分ほど。

観光登山としてはお手頃な感じ。

ではさて、ゴンドラのお値段は?

『大人 往復1600円』

。。。がんばれ! 自分の足!(笑)


と、いうわけで入笠山沢入登山口から、登山開始です。

102701.jpg

暑くもなく、寒くもなく、絶好の登山日和。

よく整備の行きとどいた登山道で、紅葉を見ながら、

テンポよく進めます。

102702.jpg

約50分ほどで、入笠湿原のシカよけゲートに到着。

開けたら、閉めるを基本とする、こういうゲートは山頂まであと三回ほど
ありました。

102703.jpg

入笠湿原です。
(パノラマで撮ってます。クリックすると大きくなります)

このあたりでゴンドラ組と合流するはずですが、9時始発の一番客の姿も
まだ見えず。

贅沢な眺めを2人占めです。



続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 12:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 山登り

2011年10月13日

部子山…by kome麹

IMGP4150.jpg

尾根を制覇するというのは、見果てぬ夢であって、

実現しないもの…と思い込んでいた。

ところが、これが徒歩数分で実現してしまうという素敵な場所を
見つけてしまった。

それが大野市のお隣、福井県池田町にある部子山。

IMG_6439.jpg

そこへ至るまでの道のりは、断崖絶壁のダートで、

ところどころ舗装してあるとはいえ、車一台すれ違うのも難しい。

…だけど、車で行けてしまう。

というので、思い切って行ってみました。

それはそれは恐ろしい思いをしてふらふら

IMG_6441.jpg

山頂とは逆の方角にある部子神社跡に立つ鳥居。

IMG_6457.jpg

しかし、到着したその場所は、本当に素晴らしく、

別世界のようで、

木々のトンネルを抜ければ、

IMG_6459.jpg

すぐ目前に、あこがれの尾根が待っているのです。

どれだけ、どれだけ! 興奮したことか!

IMG_6461.jpg

来た道を振り返る。

途中にあった能楽の里牧場が見えました。

IMGP4153.jpg

そして、本当に車を降りてから、徒歩十分で山頂に到着しました。

継体天皇の妃であった目子媛が祀られた祠が、ちっちゃく置かれています。

IMGP4154.jpg

部子山、1464.4メートルの頂上です。

そこからは360度、何も遮るもののない、

雄大なパノラマが見渡せます。

続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 山登り

2007年10月08日

山に登った…by kome麹

071007_1414~0001.jpg

夫婦で登山!

(ピーク1125メートルの近所の山ですが。。。)
続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 山登り