2007年10月26日

あらあら探し…by kome麹

深夜に『宇宙戦艦ヤOト』の再放送をやっていた。
 (伏字にする意味あるのかな???)



見ていると、
あらゆる疑問が頭の中に去来する。

『相対性理論を覆して、ワープ航法を確立させたというのに、
 みんながそれほど大騒ぎしていないのは何故か?』

『飛び立ってから、ワープ理論の説明なんぞやっていて、
 本当に用が足りるのか?』

『それほど急発進してきたというのに、操縦方法や構造などを
 いつ学んだのか?』

『直前まで、ガミラスの武力にまったく歯が立たなかったのに、
 ヤマトだけならともかく、コスモタイガーなどの艦載機まで
 急に威力を発揮できるようになったのは何故か?』

『三話目くらいで、損傷したコスモタイガー山本機が着艦する
 際、古代が右だ左だと誘導していたが、艦載機専用管制部とか
 レーダー誘導装置みたいなものはなかったのだろうか?』

『デスラー総統は、最初とても人間らしい風貌だったのに、
 途中からいきなり金髪に青い肌へと変わったのは、
 どのような理由があってのことか? 
 ひょっとして脱皮? 成体へと変貌を遂げたのか?』

『古代進は、他人が少しでも楽観的なことを言うと、カンカンに
 なって怒るくせに、ちょっとでも悲観的になると、すぐに調子
 のいいことを言って嘲笑う最悪な性格のくせに、ヒーローにな
 りえたのは何故か?』

等など・・・。

夫婦二人で、あ〜だこ〜だと議論をしていると、
一話分なんて、あっという間に終わってしまうんである。

次週は、はたしてどんな疑問が飛び出すのか??

乞うご期待(嘘)

posted by バイクの田中&kome麹 at 10:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然
この記事へのコメント
宇宙戦艦ヤマト…なつかしいですな〜
僕の中学に森ユキという子がいたのを思い出しました。キャラクターとは全然違うので、何故かそのGapだけは覚えています(^o^)
う〜ん、でも来シーズンは戦艦のようなヤマトを是非とも駆逐したいですな〜!
戦艦ニッコウには、なんども波動砲でブチギラレましたけどね…

ちなみに単身赴任先のケーブルでは夜中に釣りキチ三平がやってます。
やはり魚への執着心が、まだまだ彼の域には達していないと反省させられる番組です。まずは潜って魚の付き場を事前に確認してから、攻め方を決める!来シーズンは一緒に潜りましょうか?!(^o^)
Posted by banban at 2007年10月27日 11:54
ヤマトなつかしいですね〜
初めての本格SFアニメで当時は感動したのですが、改めて見るとやはりチャチですよね。
でもスターウォーズの「R2D2」はヤマトにでてくるロボット「アナライザー」のパクリだと思いません?

ひさびさに戦艦ヤマト川の巨ゴイに挑戦したくなりました。

フッフッフ…久しぶりだな、ヤマトの諸君。新しいデスラー砲(TFO-7番9ft)の威力を見せてあげよう。
Posted by ふりーすとん at 2007年10月28日 10:07
banbanさん、こんにちわ。
戦艦クラスのヤマト、
お目にかかることはあるのでしょうかね〜??
今ごろ、ダム湖の底で悠々自適の生活だったりして・・・
(*ノ-;*)エーン
しかし、釣りキチ三平クンは、そんなトリッキーな釣り方をしていたんですか??でも、そっちの方が正統派だったら・・・(笑)

ふりーすとんさん。
改めてみると、かなり『巨人の★』ぽかったです。
あれ〜子供のときは、超かっこよく見えたのにな〜と思いました。。。
「ふっふっふ、会いたかったよ。ヤマトの諸君」
私もぜひ言ってみたいです。
しかしそれには、まず釣り上げないと〜(笑)

Posted by kome麹 at 2007年10月28日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6191308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック