2022年02月02日

冬の金剛山は良い…by kome麹

天ヶ滝登山口を9時過ぎに出発。
22012101.jpg
20分ほどで天ヶ滝着。
やっぱり、行き帰りともに天ヶ滝には寄らず。
22012102.jpg
中ノ平。
中ノ平〜新欽名水間にある、つづら折りの途中でアイゼンを装着。
22012103.jpg
新欽名水。よく水が出ています。
積もった雪を見て、木段を下りる気にはならず。
22012104.jpg
ダイトレに合流。ほぼコースタイム通り。
どうしたことでしょう。ここまで、足も体も呼吸も苦しくなったところは皆無。
昨年は、ダイトレ合流前に足が死んで、息も絶え絶えだったのに。
コロナ禍で筋トレとウォーキングし過ぎて、逆に体力余ってる?
22012105.jpg
伏見峠。
22012106.jpg
ちはや園地を過ぎて、葛木神社に向かう。
登山道同様に、ちはや園地も人が全くおらず、ちょっと足を止めれば、餌付けされた鳥が群れで寄ってくるのが、なかなか面白い。(でも、餌はやらない)

以前に見た霧氷は「着雪した」感じだったけど、今日の霧氷は「凍った」感じがする。
足元も、圧雪されて凍った感じじゃなくて、寒くて凍った上にモフモフの新雪がのったって感じがする。
あんまり経験ないんで、本当のところはわかりません。あくまで、感じ。
22012107.jpg
晴れたり、曇ったり。
22012108.jpg
ダイトレ石。
22012109.jpg
一ノ鳥居。
マジで人がいません。
22012110.jpg
葛木神社にお参りして、珍しく山頂広場に向かう。
赤い灯籠まで来ると、さすがに人が増えました。
人がいない瞬間に、すかさず写真を撮る。
22012111.jpg
マスクする人、ネックウォーマーをする人、それぞれ工夫をしていました。
我が家は、うっかり眼鏡に曇り止めを塗ってくるのを忘れて、視界が効かなくなって眼鏡を外したりかけたり、忙しい。
22012112.jpg
転法輪寺に着く。
金剛山の中では、この辺りの木が、いつも一番モンスター級だと思う。
22012113.jpg
山頂広場。

22012114.jpg
山頂広場にいる頃から、雪が降ってきました。
22012115.jpg
転法輪寺まで戻って来て、
22012116.jpg
何気なく、鳥居をくぐったら、
22012117.jpg
金剛山遊歩道に出た。
「あっち、伏見峠」的な看板を見て、葛木神社回りの道に戻らず、このまま行くことに。
22012118.jpg
そうしたら、こちらの方が雪が多くて、素晴らしく美しかった。
大・大・大ラッキー。
22012119.jpg
大・大・大ラッキー……
なんだけど、思ったより距離が長いですよ、遊歩道。
「あの角を曲がれば」が何度も繰り返されて、途中にあるロープウェイ山頂駅も、さっぱり見えてきませぬ。
22012120.jpg
モフモフの雪の上を、ご機嫌で下っていく。
下っている時には気付かなかった。
山頂駅付近から、ちはや園地に向かうには、坂を上らねばならないことを。
22012121.jpg
坂を登り切った所。
体力余ってる?とか言って、無駄な体力を消耗した。
山頂広場に着いたのが12時半前で、すでに13時半前です。お腹が空きました。

ちはや園地で昼食を取ってたら、さらに雪が降ってきた。
金剛山の上で、ずっと雪が降っているなんて初めての体験じゃないだろうか。

魔法瓶に入れてきたお茶を、ちょっと零したら、氷の粒に早変わりしましたよ。どんだけ寒いねん。
22012122.jpg
14時過ぎに、ちはや園地を出発して、登山口に着いたのは15時半頃。コースタイム通りに来ました。

謎の快調。なんで、こんなに調子が良いのでしょう??


posted by バイクの田中&kome麹 at 10:12| Comment(0) | 山登り
この記事へのコメント