2018年12月29日

食べたものがすべて美味しかったよ!滋賀C…by kome麹

1泊2日滋賀の旅。ようやく2日目です。
18122201.jpg
東近江市の『ヒトミワイナリー』さん。
朝10時オープンと同時に到着したら、すでに駐車場で待機している方々がいました。人気店です。
ワイナリー1Fでは、無料でワインとパン工房のパンの試食ができるとあって、さっそくワインの試飲カウンターに向かうことに。
18122202.jpg
試飲1回目。
18122203.jpg
試飲2回目。
18122204.jpg
試飲3回目。
ドライバーの夫が店内を見て回っている間に、どんどん本数が増えていくので、面白がって写真を撮られました。スタッフの方にあれこれ注文して、説明を聞きながら大分飲んだと思ったけど、いやいや、10本しか飲んでないじゃない。
18122205.jpg
店内。
ワイナリー、パン工房、カフェ、美術館も併設されていて、見て回っているだけで楽しい。
18122206.jpg
買って帰ったパン(写真中ほど)は、どれもワインに合うものばかりで、
ワインを飲むときには必ず買いに行きたいほどなんですが(滋賀は遠いです)



ヒトミワイナリーから同じく東近江市の蔵元『増本藤兵衛』直営店『増本酒店』さんに寄り道して、(行程を見ると、東近江市は広い)彦根を過ぎたあたりから湖岸道路に入り木之本を目指します。
18122207.jpg
彦根城。
遠くに見えた!と思ったら、カーナビが絶妙な方向に誘導してくれて、
お城直下の交差点で信号待ちになった時には、
「わざとしてくれたのか!」と夫が言ったくらい(笑)

ひこにゃんを見るために、わざわざ彦根城にはいかないけど、ひこにゃんに遭遇したら、「ひこにゃーん」と写真を撮りまくるに違いない、何だろう、この心理、みたいなことを、夫と話し合う。
18122208.jpg
滋賀県に来ていて、ようやく琵琶湖を見た。
琵琶湖って、穏やかでも寒風吹きすさんでいても、なんか良いですよね。
18122209.jpg
木之本に到着。
きのもと交遊館の無料駐車場に車を停めて、さっそく街歩きを開始。
こじんまりまとまっている中に趣のある建物が並んでいて、写真を撮りまくりたいのですが、車の往来が結構あるので、夫と「車来たよー」と声を掛け合いながらの写真撮影。
18122210.jpg
白木屋さん。お醤油屋さんです。
木之本には現役のお醤油さんが3店あるみたいです。
18122211.jpg
「七本槍」の蔵元『富田酒造』さん。さすがの店構え。
写真には映っていないですが、蔵と煙突がまた立派でした。
しかし、妻の目的はあまり出回っていない酒蔵訪問にある(夫は知らなくて、あれれって感じでした)ので、こちらはスルーしました。

※旅先で、夫がびっくり&がっかりしていることが多いみたいなので、ここで言い訳させていただくと、夫は行き当たりばったり旅が好きで、妻は旅の計画を立てるのが旅そのものより好きなくらい。だから、夫には何も知らせず「あっちに行け、こっちに行け」と指示しているだけで、だから、多少の行き違いはご勘弁ください。

18122212.jpg
木之本地蔵院。
目の仏様で、境内のあちらこちらに片目を瞑った身代わり蛙さんがいます。
ここの御戒壇めぐりに夫が行きたがったけど、暗闇手探りは恐怖なのでパスさせてもらいました。
18122213.jpg
味のある3本建て。
この脇にある、こちらも味のある建物が、
18122214.jpg
桑で作った桑酒で有名な『山路酒造』さん。清酒『北国街道』も造っています。
『北国街道しぼりたて』と『北国街道にごり酒』を試飲させてもらって、にごり酒超好みだったんだけど、もう家の酒倉庫が満杯になるのがわかっていて、泣く泣くしぼりたてだけ購入。
桑酒も試飲させてもらったのだけど、こちらも購入せず。
あれ? ここでも四杯くらい飲んだ?
18122215.jpg
『菓匠 禄兵衛』さん。
大正15年創業とは思えないくらい、シックな建物。
18122216.jpg
『菓匠 禄兵衛』さんの「名代草餅」
草餅って田舎の食べ物って感じの素朴なイメージがあるんだけど、これは
すごく上品で、草餅の概念がひっくり返りそう。
18122217.jpg
おそらく、すでに全国区の『木之本 つるやパン本店』さん。
コッペパンの看板が目印の、おばあちゃんがやっている田舎のお店みたいなこちらに一時間待ちの行列ができたというのだから凄い。
18122218.jpg
このユルさが、とても良いのですが、
お目当てはもちろん、
18122219.jpg
このサラダパン。
タクワン漬をマヨネーズであえた具を挟んだコッペパン。
正直、受け狙いのネタとして買ったのだけど、

すっっっごおおおい美味しい!!

具はタマネギサラダみたいな、ものすごく好きな感じ。
そして、このコッペパンは、もっと硬かったら、紛れもなく給食のコッペパンじゃないか! あー懐かしい。
給食のコッペパンって、当時はそれほどでもなく食べてたんだけど、年を取ってから、どこかで出会ったらノックアウトされること間違いなしなのは何でだろう。味蕾に組み込まれたのだろうか。
18122220.jpg
まるい食パンにマヨネーズと魚肉ハムを挟んだサンドウィッチ。
ちょっと甘くて、とてつもなく柔らかいパンに、魚肉ハムが絶妙に合う。
何故か、高級な食材を挟んでもらいたくない、この庶民の味。
まるい食パンハーフを買って帰って、迷わずハム、マヨネーズ、チーズにしましたもん。
18122221.jpg
オレンジショコラ。
入り放題のオレンジピールとチョコクリーム。なんか、このクリームも懐かしい感じだなー(^^)

サンドウィッチにはハムカツとか他にも種類があって、全制覇したいくらい。
もう14時前だったから、ちょっと種類が少なかったのですよね。
定番はゲットできたのだから御の字なのですが。
長浜の「まるい食パン専門店」に行ったら、焼き鯖とか焼きそばとか、また魅力的なものがあるのだけど、本店にしかサラダパンはないし、やっぱり次も本店に来る。それで、もっと時間を考えて来ましょう!

それにしても、滋賀のパンレベルの高さよ!
ハイスペック、ハイグレード、ハイクオリティー・・・やっぱり、パンと酒は水かな。水だな。
今回、買ったパンの3軒とも近所にあってくれたら、それだけで、人生幸福度がかなり上がるのになー!!

Dに続く!

posted by バイクの田中&kome麹 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185273211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック