2018年12月28日

食べたものがすべて美味しかったよ!滋賀B…by kome麹

18122141.jpg
クラブハリエ近江八幡日牟禮ヴィレッジ店。
ラ・コリーナは行列必至と聞いていたので、こっちにしました。
そしたら、夫は工房のバームクーヘンくるくる作業が見たかったとのことで、悪いことをしました。
くるくる作業がご覧になりたい方は、ラ・コリーナへどうぞ。
18122142.jpg
言わずと知れたバームクーヘン。
それ以外も買いましたけど・・・
18122143.jpg
たねや日牟禮乃舍。
たねや店舗の中では断トツに建物が良い。

和菓子売り場でお菓子を買って、隣の茶屋に移動。
18122144.jpg
本物のかまどで沸かしたお湯で入れた豆茶をいただく。
(写真には写っていないけど、この左手奥にかまど)
香ばしくて、とても美味しい。
18122145.jpg
こちらはデジイチ様撮影。
うち以外には1組様しかいなかったので写真撮り放題でした。
18122146.jpg
粳米種で粒あんを包んで、タコ焼き機みたいな上で焼き上げてくれる、
熱々のお餅です。
「たねやの最中を焼いたみたい」と思ったら、材料は同じみたい。
1個80円でお得感あり。お勧めです。


ホテルにチェックインしてから(車中泊じゃなくてホテルに泊まった!業界
最安値だったけども笑)
18122147.jpg
近江牛処ますざきさん。
一見すると料亭みたいで、大変に敷居が高そうですが、お客さんは普段着から作業服までアリの庶民的な焼肉屋さんです。
18122148.jpg
玄関。
靴を脱いで、障子を開けたら、帳場で、そこから廊下を歩いて、
18122149.jpg
雪見障子の向こうはメインのお部屋。
建具がしっかりしているのか、この後、満席になっても音や話し声がほとんど漏れてこなかった。
18122150.jpg
我々は縁側座敷。
予約時にもう席がギリギリで、「縁側席になりますけども」と言われて、
「かまいません(ヒャッホー!!)」で、真剣に狙ってたから、うれしかった。
18122151.jpg
タンを焼いてます。自分史上一番の分厚さです。
18122152.jpg
ロース・バラ・赤身。
18122153.jpg
上ロース・上バラ。
縁側座敷なので、すぐ隣は庭園。
肉ナメの庭園、素晴らしいでしょう(庭園オンリーでも素晴らしいです)

あああ〜ホルモン盛り合わせの写真を撮ってない!!!
「ホルモン盛り合わせ、もう一回(いや、もう2回)頼もうか」と真剣に夫と協議したくらい美味しかったのに!!

食レポ芸能人のことを「決まり文句を言ってる」と決めつけていたけど、
実際に自分が、
「甘い・柔らかい・口の中で溶けた・肉のジュースみたいなのが出た」
しか言ってなかった。
食レポ芸能人が食べて即座に反応するのを変だと決めつけていたけど、
実際に夫が口の中に入れた瞬間に目を見開いて、こぶしをぶんぶん振り回した。
なので、ここで食レポ芸能人の皆様に深くお詫び申し上げたいと思います。

_○/|_ スライディング土下座

18122154.jpg
締めの近江牛しぐれ煮の〆そばミニと牛すじ丼ミニ。
取り換えっこして食べましたが、どちらも〆にふさわしい一品です。
何だったら、もう一回ずつ頼んでもいいくらいでした(エンドレス〆)
18122155.jpg
日本酒一合を各々グラスで持ってきてくれます。
この中で「唯々」を飲んだことが無かったので頼んだら、すごくおいしかったので、明日は蔵元に行ってみよう、となりました。

それが、あんなことになろうとは〜(予告。大げさ)
18122156.jpg
帳場でお会計中。
この天井ちょっと低なところが良いのね。

近江八幡編終わり(なんと、3編で一日分)

Cに続く!!

posted by バイクの田中&kome麹 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185271921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック