2018年12月26日

食べたものがすべて美味しかったよ!滋賀…by kome麹

1泊2日で琵琶湖をぐるっとしてきました。
18122101.jpg
雨予報をひっくり返して、晴れを勝ち取ったと思いきや、
濃霧50km規制の高速渋滞の中、東近江市の太郎坊宮に
なんとか午前10時に到着することができました。

標高350mの赤神山の中腹にある太郎坊宮 阿賀神社。
急な石段を登っていくと、
18122102.jpg
本殿前に夫婦岩という巨岩があって、嘘つきが通ると岩に挟まれてしまう
そうです。
妻、チャレンジ。
18122103.jpg
嘘つきどうこうよりも、真っ直ぐ通れたことが幸いです。
18122104.jpg
本殿の周りには、岩座と呼ばれる巨岩が散在していて、ガスが晴れてから山を見たら、それはもう見事な岩山で、信仰の対象になるのがわかるなあって思いました。
18122105.jpg
ここを下って行けば、山麓駐車場に着く(本来であれば、下から登山する)
ヘタレな我が家は中腹駐車場で楽しました。
18122106.jpg
近江鉄道700系「あかね号」
初めて見た電車に興奮して、思わず撮り鉄。
夫がいきなり「近江鉄道は西武の中古か〜」とか語りだしたのには超びっくり(なんで、そんなこと知ってるの??? 常識??)
18122107.jpg
湖東三山 釈迦山 百済寺。
誰でも読みたくなると思うけど、「くだらじ」じゃなくて「ひゃくさいじ」です。
湖東三山スマートICが出来てから、一度行ってみたいなと思っていて、
三山全てを回ってもよかったのだけど、どうしても太郎坊宮に行きたかった
(理由なし)ので、百済寺を選びました(こちらも理由なし。妻のチョイスは常に直感です)
廻遊式の庭園を見て、仁王門に到着。
18122108.jpg
仁王門にある3メートルの大草履。
18122109.jpg
仁王門からの本堂。
この時間、すごく光加減が良くて、苔も木々もとてもきれいでした。
18122110.jpg
本堂と鐘楼。
この鐘の音が、響き方と言い余韻の残り方と言い、とても良いです。
18122111.jpg
上の写真の中央に写っている千年菩提樹。
この説明で、湖東三山も信長の焼き討ちにあったんだと初めて知りました。
18122112.jpg
帰りに撮った百済寺の赤門。
本当はもっと良い雰囲気だったのですが、、、写真の限界。
18122113.jpg
東近江市池之脇町にある『ワイルドキッチン石窯パン工房』さん。
ぜひ、実物の建物を見て欲しい。すっっごく可愛いから!!
18122114.jpg
建物横の石窯。ちょうど火を入れたところらしく、薪を焼くいい匂いが充満
していました。

「たどり着けなかったです涙」みたいな口コミを見て、どんなところにあるんだと思っていたけど、あっさり到着できました。

もっとも、たまたま道路工事とかで、HPにう回路の丁寧な説明が載っていて、その通りに来たからたどり着けたのであって、HP記載の
「電柱、池、羊、倉庫 以上」
みたいな地図だけだったら、さすがに厳しかったかもしれない。
18122115.jpg
地図上の目印の一つである羊さん。
羊さんも、けっこう道路から引っ込んだところにいたよ。。。
18122116.jpg
チーズパン(昼食用に食べた)とリンゴパン(持ち帰り 写真)を買って食べました。

パン人生の天下分け目なくらい美味しかった。

でも、どうしても優劣決められなかったから、双璧決定。
持った時に、ずっしりと重いのに、胃が重たくならずに、するする食べられちゃう、この美味さ。
外パリの中ふわの、自然酵母香る、素朴でもない、プロの確かな食べ応えのある味。
近所にあったら、絶対に通い詰めるのに。
引っ越ししてきてくださ〜い。


そのAに続く。

posted by バイクの田中&kome麹 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185269019
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック