2015年11月30日

新潟旅行3日目@…by kome麹

111401.jpg
宿泊した『コンフォートホテル燕三条』からは上越新幹線が見放題!
それに、朝食バイキングが無料でついてくるのですが、パン7種類、おにぎり4種類、ワッフル、スープ、サラダ、シリアル、ジャーマンポテト、ソーセージ、フルーツ、ヨーグルト等々が食べ放題飲み放題。太っ腹!
コーヒー、紅茶、ジュースは部屋に持ち帰れるようにもなっているし、部屋は清潔でアメニティは充実しているし、これで二人で一万円も払ってないのだから・・・わーい(嬉しい顔)
危うく、朝から食べすぎ注意になるところでした。
111402.jpg
『STOCK BUSTERS燕店』
ものづくりの町燕三条の逸品が激安で売られているアウトレット店です。
地元メーカー130社(紛れもなくmade in Japan)の在庫品や訳アリ品が5割当たり前、ひょっとしたら8割引き9割引きもあるかも?なんてうたい文句に、妻はアドレナリン爆発です。
訳アリとはいっても、「箱に傷が〜汚れが〜」という程度で、そんなことはどうだっていいのです!それで買わなくなる人がいるのが不思議。
駐車場で待つつもりで開店の10時前に到着すると、観光バスのために早開けしたらしく、開いていた。
すかさず突撃!〜店を出たら1時間が経過していた。
どうせ目移りするからと、予め「欲しいものリスト(価格帯付き)」を作っていったから、まだこれだけで済んだのですが。
レディースファッション店みたいに、女性が威勢よくカートを押していて、男性は手持無沙汰でそこらで漂っていたのがご愛敬。
夫は、まあ飽きずに面白がってくれたみたいです。良かった。
11140201.jpg
長距離移動のため、燕三条ICから北陸自動車に乗る。
粟ケ岳と左奥に越後白山。
111403.jpg
手前、守門岳。奥に毛猛山。ということは、あの奥は福島県。

やたらと山の写真があるのは、ここぞというところで写真を撮って、帰ってから地図を見て同定して、有名な山が写っていたら喜ぶというミーハー趣味ができたせいです。
「山が好きなら登ればいいのに」というもっともなご意見もあろうとは思いますが、そこはそれ、腕がというか足がというか技量が・・・
111404.jpg
「新潟県は広いんだからカーブなんて作らなくていいんだ!」くらいの
真っ直ぐで広くて立派な道路。
さすがは田中角〇先生道路(笑)
111405.jpg
普段ご縁がない地名ばっかり。良いですねえ。
思えば遠くへきたもんだ(ババア)
111406.jpg
堀之内PA到着。越後三山が見える!
怪しいどころの天気じゃなかったから諦めていたのに、超〜うれしいグッド(上向き矢印)
111407.jpg
大和スマートICを下りる。
越後駒ケ岳が前に出て、中ノ岳がちょっと引っ込む、という具合に見え方が変わってきた。
111408.jpg
越後駒ケ岳。かっこよすぎる。


111409.jpg
南魚沼市大崎にある八海山尊神社に到着。
頂いたパンフレットには「古くから八海山信仰の霊場であったが、ローカルな存在で、後に木曽御嶽山の兄弟山として列格し、御嶽信仰の霊場巡拝地となった」と書いてありました。木曽って遠くない?と思うのですが、昔の行者さんたちは本当にご熱心だった証なのでしょう。
111410.jpg
七福神と紅葉。風が強かったのですが、かえって吹き流しが良い感じ。
111411.jpg
大石段(龍鳴の階)の前で柏手を打つと、石段が鳴り響く、ということで、
やってみましたよ。
こういうのにありがちな「ビミョ〜」なことはなくて、石段がキンキンというような高い音をたてました!
感動して何回もやってしまいました。それはいかんだろ
111412.jpg
石段の上から。
広場(霊風園)の真ん中にある黒い焼け焦げた部分は、大火渡祭の跡です。
十月二十日に火渡りが行われるのだとか。こんなに広い霊風園が信者で埋め尽くされるらしいですよ。
111413.jpg
手水舎。八海山二合目半の金剛霊水を分水しているそうです。
さすがに冷たかった&勢い強すぎて跳ね返りが凄かった。
111414.jpg
大鳥居と拝殿。
神職の方がいらっしゃって、こちらも「二礼四拍手一礼」と教えてくれました。
おまけに拝殿の中にも「さあさあ、入ってらっしゃい、お参りしてらっしゃい」と招いてくれました。すっごいフレンドリー。
拝殿の中は写真を撮ろうなんて思わないくらい、荘厳できれいで、すごく大切にされているんだなあ、という空気が満載でした。
111415.jpg
神社から少し登ったところにある『宮野屋』さんで昼食。
111416.jpg
知る人ぞ知るおそばの名店・・・と思ったら、駐車場に観光バスが停まっていた。
最初にお店に入った時は「団体さんが入っているので三十分ほどお待ちいただきます」と言われて、ならばと先に神社をお参りしていると、その団体さんらしき方々が神社に流れてきたので、再度お店を訪問すると、別の団体さんが入っていたという・・・(笑)
写真にずらずら並んでいる料理は、お店の方が私たちの再度の訪問を覚えていてくれて、「お詫びにと」出して下さったものです。
団体さんが入るのはお店の方のせいではないのですが、恐縮です。
ありがたく頂戴した山菜、漬物盛り合わせは、そういう諸々の理由がなくても十分に美味しかったです。
そばもたまらなく、ちょうど良い歯ごたえ、味わい、のど越しの良さ。
蕎麦湯も「何であんなドロドロしたの飲むの」という妻が蕎麦湯に開眼したくらい澄み切ったお味。絶品です。
111419.jpg
越後三山の内、八海山は長い間、見えていた。
八ツ峰のギザギザ。やばすぎて、メロメロだー(^_-)-☆

。。。3日目もまだ終わらない。
続く!

posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168710137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック