2015年12月02日

新潟旅行4日目…by kome麹

111501.jpg
旅行4日目にして、完全に雨に捕まった。

朝起きて、まずは高岡市に移動します。
高岡市には今、最も手に入りにくいとされている酒「勝駒」を醸す『清都酒造』があり、地元でも入手困難とされているものの、品ぞろえが充実している地元店ならば、さすがに一本くらい手に入るだろう、と(ちなみに、「勝駒」は本当に一家族一本と限定されていたりします)開店早々の店内に入ろうとすると、その自動扉に「今年の勝駒は完売しました」の張り紙が。。。もうやだ〜(悲しい顔)

富山には他にも良い酒がある、と店員さんの丁寧かつ詳細なアドバイスを聞き、「羽根屋 純米大吟醸50」と「成政 純米酒 純」を購入。
「羽根屋」は、またまた手に入りにくい限定酒だ。ふふふ。

知識豊富で親切なこのお店は『エスポアなかやす』さんでした。

次に『散居村展望台(鉢伏山)』に向かったのですが、散居村どころか、展望台、自分の車さえガスの中で見えず。素晴らしい散居村の風景を見たかったら、雨の日はよしましょう雨

そのまま山を下って庄川峡に出て、連続するダムとトンネルと紅葉を見ながら、(このあたりの紅葉は、本当に素晴らしいのに、何故に写真撮影ができるくらいのスペース一つ作ってくれなかったのか)
111502.jpg
『相倉合掌造り集落』に到着。
言わずと知れた世界遺産、『白川郷・五箇山合掌造り集落』の一つです。
日曜日だったのですが、さすがに雨のためか駐車場に車をすぐ停めることができました。保存協力金500円を支払うともらえる地図を見ながら、集落を散策します。
111503.jpg
第一駐車場から、上の集落全景撮影スポットまで登っての一枚。
ちっちゃくまとまっていて、とても可愛らしい。
それでも、60人が暮らすれっきとした住居なのですから。
111504.jpg
お宿『勇助』さん。
合掌造りで泊まってみたい!と調べたのですが、やはり全宿満室でした。
客室数は多くても4室くらいで、いつだって争奪戦!ですよね。
111505.jpg
茅葺の色が内と外とで違う。
雨が丸い粒になって、急勾配の屋根を滑り落ち、タントン、音を立てるのを聞いていると、おとぎ話の世界にいるみたいです。
111506.jpg
「原始合掌造り」や「合掌造りの宿 長ヨ門」の前にある天狗様の足跡などを見て、集落を一周するのにかかった時間はおよそ一時間。
111507.jpg
たまたまかもしれませんが、観光客の少ない相倉集落は、そのこじんまりしたまとまり方といい、こんなメジャーな観光地では珍しい、とても気持ちの良いところでした。
111508.jpg
ちょっと移動して、上梨地区にある『喜平商店』さんへ。
111509.jpg
五箇山堅豆腐で作る豆腐燻製「いぶりとっぺ」が欲しかったのですが、それだけで終わらなくて、「五箇山堅豆腐」「五箇山厚揚げ」「豆乳ソフトクリーム(絶品!)」そして何故か、すぐ隣にある『三笑楽酒造』さんの「三笑楽 ナイン 純米生貯蔵酒 ひやおろし(何と900ml!)」を購入。落ち着け!

お店の方と話していて、「白峰の堅豆腐はよく食べるのですが」と言うと、
さすがにご存じで「うちのも、そういうようなものですよ〜」とおっしゃられたのですが、確かに似ているのですが、何というか微妙に違う。
「これは水の違いじゃないか」と夫は言うのですが、確かにそうかも。
どっちも美味しいのには変わりないのですがわーい(嬉しい顔)
スーパーなどで、豆感を全面に押し出している商品より、断然こっちを食べたい。より健康によろしそうな気がします。
「いぶりとっぺ」は、よく「チーズみたい」と評されますが、「ぎゅううっと豆腐が詰まった美味しいの!」で良いんじゃないですかね。
もっと買ってくればよかったかな。


続きを読む
posted by バイクの田中&kome麹 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら